読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

【恋愛】1週間で何人の異性に出会いましたか?

女子トーク男子編

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

プライベートは充実していますか。

恋愛、趣味、家族。

色々と楽しませてくれるコンテンツがありますが。

さて、今回は僕の友人の話を。

 

恋人できない

「恋人ができない」と嘆いている友人がいます。

真面目でいいヤツなんですよ。

僕もお友達として長く付き合っているので。

どうして恋人ができないのか。

ちょっと詳しく聞いてみることにしました。

 


どんな人

30歳、独身。

仕事は9:00~17:30、土日休み。
残業があっても1時間程度。
通勤は車で30分ほど。

 

一人暮らしで、特急は止まらないけれど駅から徒歩5分。
都心部からは15分程度だろうか。
乗り換えも必要ないし、押しつぶされるほど混んでいない。

 

趣味は釣り、海でも川でも釣りを楽しんでいる。

 

 

普段の行動パターン

どんな人か分かったところで、行動パターンを検証。

 

平日

朝起きて
ご飯を食べ
仕事へ行く

仕事が終わり
途中のコンビニに寄って
家に帰る


土日

趣味の釣りへ。
朝早くから釣り仲間とお出かけ。
一日楽しんだところで、スーパー銭湯に寄り
家に帰る

 

 

恋人ができない原因は

ズバリ、出会いがない。

正確に言うと、異性と出会える場所に行かない。
これに尽きる。

出会える場所に行かないのに、恋人が欲しいだなんて。
思いと行動が矛盾している。

 

 

魅力×出会う異性の数

恋人ができる条件なんて簡単なもの。
魅力(と思ってくれる人の数)×出会う数

それだけのことだ。


スゴく魅力がある人

魅力と言えば
容姿端麗
お金持ち
有名人

他にも
趣味が同じ
家庭的
スペシャルな特技がある

 

などなど。
魅力と思ってくれる人が多い「魅力さ」があることが大事だ。

 

 

出会いの数

もう一つ必要なのが、出会う数。
どんなに素晴らしい商品でも、どんなに素敵なモノでも。
それをみんなが知らないと売れないのと同じ。

いかにして、出会う人の数を増やすか。

どちらも、分母をどんどん増やすということだ。

 

 


「お金を払わない関係の異性」

いやらしい意味ではない。
店員さん、先生、お客さん、そういった関係ではない人。
同じ立場の人、利害関係が無い人にどれだけ出会って、どれだけ話をした??

 

異性に限らず、そういった人と、どれだけ出会うことができただろうか。
話をして、言葉を交わしただろうか。

友人同士の和に飛び込んだり、交流会やセミナーに参加したり。


自分の周りにあるコミュニティを変えていかないと、新しい出会いなんて訪れない。

 

 

魅力が無いことを認識する

自分の魅力が無いなら、自ら環境を変えていかないとダメだ。
魅力があれば周りから寄ってくる。

もし、異性が寄ってこないのであれば、まずは魅力が少ないということ。
だからこそ、母数を増やすしかない。

 

 

新しい異性と出会う為に「自己紹介」

先日書いた記事はこれだ。

 

hatena.aco-gale.com

 

新しい異性に出会ったときのことを考えて、自己紹介の準備が必要。

いかに自分を魅力的に表現できるか。

 

ただでさえ、出会いが少ないのであれば、さっさと練習するしかない。

経験がそれだけ少ないんだから。

もっと準備しておけ!ってこと。

 

 

まとめ

恋人ができる確率は

魅力×出会いの数

どちらも備わっていれば、モテモテになれる。

 

魅力的になることも重要だが、出会いの数を増やすこと、そこに飛び込んでいくことを早くやろう。

 

1週間で何人の異性に出会いましたか?

僕は30人ほどの出会いがありました。

 

まずは出会える行動を!

ちゃんとやれ!

 f:id:acogale:20170227192452j:image