読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

絶好調に生きるための3つのポイント

こんにちは、スズキです。
いつも絶好調ブロガーです。

最近、本当に絶好調なことが続いています。
ありがたい限りです。

絶好調、ツイてる、調子がいい。
そんな毎日を送るために、3つのポイントを用意しました。

 

 

1.とにかく行動してみる


あまり絶好調でない友人(以下A氏)が、名古屋に遊びに来たときのこと。

次の日が休みのA氏と飲みに行くことに。
終電が早いからとA氏は名古屋駅そばのホテルを予約したのだ。

飲みながら会話をしている中で、気になる展覧会があると言っていた。
東京の上野で開催されるその展示会に行ってみたいなぁと。

よくよく調べてみると、次の日が開催初日。
ちょうど休みで、しかも今夜は名古屋駅前に泊まる。


A氏は「でも、ん~どうしよう、明日かぁ」と悩んでいるのだ。

明日は休み
名古屋駅前
気になる展覧会
初日に行ける
休みの予定は特になし

ここまで揃えば、僕なら即決。
行くしかない。
これこそ、絶好調になるポイントだと思うわけだ。

もちろん急に予定が決まるから、若干のコスト負担は増えるだろう。
ただ、このタイミングはもう来ないのだ。

 

初日は1日しかない。
行きたくても行けない人もいる。
そんな絶好のチャンスに、、、、、

という話をしようかどうかと思ったときに。
これが"今日も絶好調だ"と言う人とそうでない人の違いだと気付いた。

 

2.小さな幸せを感じられるか

信号に引っ掛からなかった。

ご飯が美味しかった。

目覚ましテレビの占いが1位だった。

 

そういった小さな幸せを感じることができているのか。

当たり前すぎること、いつもと変わらないこと。

それを幸せと感じることで、いつも絶好調な気分でいられるのだ。

 

3.絶好調を口癖に

これは単純に口癖にするだけ。

"ツイてるツイてる"と言う人と同じように、「絶好調」と言う。

運がいいことも、楽しかったことも、

すべて含めて絶好調。

そんな気持ちで、口癖でいることで、自然と絶好調になるのだ。

 

 

まずはやってみて


世の中には偶然の出来事がたくさんある。
意図しないで行動した結果、、、ということが。

それを自分の追い風にするのか、向かい風になるのかは、その人の気持ち一つなのだ。

 

気の持ちよう、考え方一つで絶好調になれる。

それなら「今日も絶好調だぜ」って言えるほうが楽しい毎日を過ごせるなぁって。
だから、僕は絶好調と言うのだ。

 

今日も絶好調、毎日が絶好調。

絶好調になりたいなぁと思った人は、スズキまでご連絡いただければ、毎日絶好調になります!!(無料)