読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

学級通信とブログの更新と起承転結

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

去年の1月に、まずはブログを毎日更新してみようと、はてなブログをはじめました。

 

今のところ順調に続いています。

ちょっとイメージが変わってきたので、このシステムを変えようか迷っているところです。

 

さて、僕が中学2年生のころ。

1つ上の学年の先生が、つまり中学3年の担任の先生が、毎日学級通信を出していたという噂がありました。

 

また、当時お世話になっていた先生も、前の学校では毎日学級通信を出していたとのこと。

B5の用紙に印刷される学級通信。

 

中学生ながら、それは"すごい"ことだと思っていました。

何をそんなに書くことがあるのだろうか。

どうやってネタを集めるのだろうか。

 

当時は本当にすごいなぁと思っていました。

だって中学生の僕にはできないと思っていたから。

 

それが大人になると、意外とできることなんだなぁと気づく。

こんなに簡単なことだったのだろうかと。

簡単というのは言い過ぎだけれども、仕事として取り組むのであれば、学級通信を1通作成するのは、業務的に問題なさそうだと。

 

今の自分と、中学生の自分、一体なにが違うのだろう。

 

 

僕の中で、文章を書くことが好きになったのは、評論文の読み方を習ってからだった。

代々木ゼミナールの舟口明先生の授業。

そこで、文章の構成というものを習った。

「起承転結」という考え方。

その言葉自体は聞いたことがあったけれど、スムーズに受け入れられてなかった。

 

氏のオンライン授業を聞いたときに、苦手だった"国語"が少しだけ近付いてきたような感じがしたのだ。

 

起承転結とは。

適当な書き出しがあって、そこから話を膨らませる。

それを"いやいや、違うんだぜ"と切り返し、最後にまとめる。

という文章のことだ。

 

「転」が無いと、面白い文章にならないということだ。

賛成ばかりしている文章は、新しい気付きや、心に引っかかるものが無いから。

 

どこかで否定したり、批判したり、ひっくり返したりする。

そんな文章が「起承転結」なのだという。

 

おおよその、大きな枠の中で教えてもらったことだけれど、それを頭に浮かばせると文章を読むのがスムーズになった。

 

最近~~~、もうちょっと詳しく話をすると~~~、実は~~~~、~~~というわけなのだ。

みたいなね。

 

いつの間にか、受験勉強を通して国語が好きになっていた。

といっても、評論文が好きになっただけだが。

 

そういう考え方を学んだからこそ、ブログとも付き合っていけるのだろう。

僕が文章を書くのが苦手だったとき、学級通信を毎日出すことがすごいことだと思ったとき。

書き方、読み方を学んでいなかったのかもしれない。

今はこの"文章を書く”ということが大好きになったのだけれど。

 

船口の現代文〈読〉と〈解〉のストラテジー―代々木ゼミ方式

船口の現代文〈読〉と〈解〉のストラテジー―代々木ゼミ方式