読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

何かを得ようとするとき、何かを捨てる決断が必要

ブログ界隈に生きるということ

こんにちわ、会社員ブロガーのスズキ(@acogale)です。

最近、両極端なことに悩まされています。

 

会社に行くことが楽しいのに、つまらなく感じたり。

毎日のトレーニングが苦痛なのに、楽しく感じたり。

 

気持ちの振れ幅が大きく、自分を見失いがちです。

それくらい、気持ちが安定しているということで。

いかようにも考えられるってのは、僕の中では絶好調なポイントです。

 

 

何を捨てるか

さて、タイトルなんですが、何か捨てないと。

と思っているわけで。

 

気持ちの振れ幅が大きいのは、ブログについても同じ。

「こんなのやめてやるー」と思えば、「もっと頑張ろう」と思う。

そんな環境でウダウダやっていても、全く成長しない。

 

だから、自分らしさを一度閉じ込めてみようと思うわけで。

先日も記事にした通り、これは「筋トレブログ」なのです。

 

というわけで、カッコイイことや、自分自身を前面に押し出すのではなく。

ちょっと本格的にトレーニングしてみようかと思います。

 

というわけで、自分らしさを捨てます。

 

 

得るものとは

それで得られるものは何か。

他の人のやり方、スタイル、趣向。

そういったものが得られる。

 

というのも、ブログ界隈には、素敵なアドバイスをしてくださる方がたくさんいるわけで。

だから、それに便乗してみようと、それを「徹底的にパクる」ことで、自分のモノにしていこうと思うわけです。

 

真似したら、どこかでその人の考える枠というか、イメージしているモノが僕にも見えるのではないかと。

 

 

ターゲットは、君に決めた

たくさんの先輩がいるなかで、最近の僕に大きな影響を与えてくれているのは、

「理系男子のぐうの音」を運営している るびこさん

www.gu-none.com

 

「君に決めた」と偉そうなことを言っていますが、一方的に勉強させてくださいませ。

ということです。

 

ピピッときたのは、共通点が多いから。

理系的な考えが好きだし、男子だし、会社員だし、ガジェット好きだし、毎日更新したいし。

 

おおよそのカテゴリーに共感できるポイントがあったから。

まずは近しい考えや、スムーズに受け入れられる人を真似してみようと思うわけです。

 

 

まずはやってみればいい

こうやって情報を教えてくださる人がいる。

そうなりたいから、ふむふむと記事を読む人がいる。

 

さて、どれくらいの人が、言われたことを試しているのか。

どれくらいの人が、それをやりこなせるのか。

 

どこかで言い訳をして終わってしまうんです。

「忙しい」とか「合わない」とか。

 

でも、それはやってみないと分からないし、合わせることができなかった自分の技量不足だったりする。

 

まずは1か月、2か月とやってみる。

やってみて、やっぱり合わないならちょっと休めばいいし、目標にする先輩を変えればいい。

 

まずはやってみる。

とりあえずじゃなくて、まずはちゃんとやってみる。

 

ちゃんとやれ!