読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

【恋愛】僕は彼女のどこが好きなのだろうか

女子トーク男子編

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

 

頭で考えるより行動しろ。

とよく言われます。

 

そうは言っても、妄想するのが好きなので、頭で楽しむことをやめられません。

色んなパターンを想定して、その先の出来事でニヤニヤする。

 

簡単なところで言えば、お昼ご飯は何にするか。

魚だったらあのお店に行こうかな。

肉だったらトンカツが食べたいからあそこかな。

パスタだったら、軽めのランチなら。

と考えながら、一人で楽しんでいます。

 

そうは言っても、頭で考えないこと、直感で行動することもありまして。

その最たる例は「人を好きになること」だと思っています。

 

 

彼女のどこが好き?

彼女、恋人、あこがれの人。

好きになった理由、好きになったところってどこだろう。

 

照れた笑顔
すねた横顔
朝のかすれた声
唇の色
髪の匂い
切りすぎた前髪

 

などなど、平井堅さんの「君の好きなとこ」に出てくる好きなところの一部です。

そこまで考えて人を好きになったことあっただろうか。

好きな人のことを思い浮かべて、たくさん好きなところが出てくるだろうか。

 

 

好きなところなんて

好きなところ、具体的にあるのかな。

なんとなく、雰囲気が好き。

なんとなく、相性が良い。

なんとなく、気負わない。

 

総じて、なんとなく良いヤツなんだぜ!

 

 

ご飯と味噌汁のような存在

具体的に何がいいとか、何がダメだとか。

そういう次元で話をしなくなったのかもしれない。

 

毎日食べても飽きない「ご飯と味噌汁」のような存在。

僕は毎日、3食、白いご飯だったとしても不満は無い。

でも、毎日トンカツ、ステーキ、サンマの塩焼き、、、。

そういったものが続くと、ちょっと遠慮したくなる。

 

そのご飯のような存在の人が彼女なんだろうなぁと。

 

 

どこが好きとか関係なく好き

どこが、どんなところが、好きとか嫌いとか。

そういうことを関係なく好きになれる人。

 

関係なく好きになれたらいいなぁってさ。

好きになるってどういうことなんだろうね。

 

 

いつからか、好きという感覚が

好きという感覚が薄れてくるのはどうしてなのか。

あまり意識しない「好き」を目指しているのか。

 

「好き」という気持ちが自然にあることを、気付かなくなってくる。

どこが好きなのか、考えることもないけれど、考えないから余計に、ありがたいことに気付かないのか。

 

ふとした瞬間に、気付かなかったことに気付く。

その瞬間を大事に、好きな人を好きと感じる時間を作りたい。

 

f:id:acogale:20170311222136j:image