読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

【お金】見た目に騙されるポイント還元の仕組み

こんにちは、スズキです。

財布の中にポイントカードは何枚入っていますか。

 

電気屋さん、ドラッグストア、アパレルショップ。

最近は、スマホがポイントカードの役割をしていたりと。

 

そのお店で、買い物したときに付与されるポイント。

割引と違い、お店にいいことばかりですよね。

しっかりと見極めないと、「あれ、こんなはずじゃ」となることがあります。

 

 

割引率と還元率

今日は、この話がしたいだけ。

例えば10万円のテレビを買ったとしましょう。

割引の場合と、ポイント付与の場合では、大きく異なってくるわけです。

今回、どちらも20%分の特典がつくとしましょう。

 

割引の場合

割引の場合、10万円から20%引きなので

100,000円-20,000円=80,000円

この商品を8万円で手に入れることができます。

 

ポイント還元の場合

ポイント還元の場合は、20%分付与されるので

100,000円+20,000円分の値引きポイント

となります。

 

つまり10万円で、12万円分の商品が買えるということです。

これを式にして、割合を出すと

100,000÷120,000=0.8333......

となります。

 

割引率を計算すると、16,7%(四捨五入)

 

 

同じように見えて全く違う

割引の場合は、20%引き

ポイント還元の場合は、実質16.7%引き

 

一瞬、同じものだと思うけれど、3%以上の差があるんですね。

 

 

それ以外にもお店のメリットは大きい

それ以外のメリットと言えば。

無利子でお金を借りている(ようなもの)です。

 

ポイントを貯めたとしたら、お客さんの手元に5,000ポイント。

つまり、そのお店でしか使えないけど、お客さんは5,000円相当のものを持っていることになります。

そのポイントカードと引き換えに、5,000円を借りているようなものです。

 

ということは、店の現金が増える。

会社を回していくための資金が増えるということで、経営層にはうれしいことなんですね。

 

また、ポイントカードを紛失したり、有効期限が切れたら負債分が減るので、会社としてはラッキーなわけです。

 

 

個人情報の収集

最後にメリットといえば、個人情報の収集。

ポイントカードの中には、住所や性別、生年月日を登録するものもあります。

 

そうすると、

  • いつ
  • どこで
  • どんな属性の人が
  • 何を
  • どれだけ

買ったのか、というデータを集めることができます。

 

個人情報だからマイナンバーがあーだ、こーだ、と言っている人でも、"〇ポイントカード"のようなものは平気で使うんですよ。

 

よっぽどポイントカードのほうが怖いんですけど。

 

 

適切に使いましょう

つまりは、ちゃんと使えるようになろういう話です。

割引率の見極めも必要だし、そのカード自身が現金のような役割になること。

紛失せず、ちゃんと使うこと。

 

個人情報がバックにはあることを認識する。

 

そうすれば、お得に使うことができます。

僕もつい先日、貯まったポイントで、液晶ディスプレイを買いました。

あと少しで有効期限が切れるとこだった。

 

意外とポイントが残っていたり、忘れ去られているかもしれませんよ。

 

 

最強クレジットカードガイド2017 (角川SSCムック)

最強クレジットカードガイド2017 (角川SSCムック)