読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

【恋愛】自信がある人に、人は集まってくる。

こんにちは、スズキです。

僕の知り合いに、ちょっと残念なヤツがいます。

31歳で同い年。

自分の世界がキラキラしすぎてて、痛い感じがします。

 

ただ、痛いヤツだけど、いつも女の子が隣にいるんですよね。

それはどうしてなのか。

単純に自信があるからだと思ったわけです。

 

 

根拠のない自信

あの自信はどこからやってくるのか、僕には不思議でしょうがない。

けれども、彼には自信がみなぎっている。

 

なんでも俺が一番だ、オレはできるやつなんだ。

という空気を醸し出している。

 

実際のところは、営業成績も、社内の評判もあまりよくない。

だが、自信があって、その気持ちは無理やり押し通すほど強いものなのだ。

 

 

頭がいいわけでもない

後輩指導をしているところを見かけたことがある。

間違っていることばかり教える。

それは手法や、手順の話ではない。

 

辞書に載っているような。

「〇〇とは、こういう意味なのだ」

ということが、間違っている。

 

ん~、困ってしまうが、それが事実なのである。

 

 

 

いつも貪欲

先日も飲みに行く機会があった。

新しい彼女ができたとか、ワンナイトラブだとか。

 

交友関係は派手なイメージがある。

かといって、本人が特別いい男だとは思わない。

 

が、何に関しても、実は貪欲で突き詰めるところがある。

それが「女性」の方向を向いたのだろう。

 

とにかく何かを追いかけてる印象がある。

 

 

そんな彼は自分が一番好き

自分が大好きだと語る。

時々「悩みがあるんだけれど」と話を聞くが、いつも自信があって、自分が大好き。

 

傷つくのを恐れない、思った通りに行動する。

中学生~高校生を見ているような気分になる。

 

あまり周りのことは気にせず、自分が大好きなのだ。

「オレかっこいいだろ」ってよく言うし。

ほどほどですよ、ほどほど。

 

でも、その自信や猪突猛進なところ、少しだけカッコイイと思ってしまう。

 

 

自分は自分

他人の目を気にするものの、自分が大事、自分が一番。

ある意味、素直に生きていらっしゃるのだろう、彼は。

 

その素直さや、嘘のような夢を語るところ。

そういう「ちょっとかわいい」ところが、一番のモテポイントなのかもしれない。

 

彼の口から否定的なことを聞くとき。

まぁそれは他人への愚痴が多い。

自分の夢や、やりたいこと、考え方には否定的にならない。

 

決めたらガンガン進んでいく彼、実はスゴいヤツなのかもしれない。

 

 

空気が読めないからこそ

どちらかというと空気を読むのが下手。

集団の中では、なかなかうまくやっていけない彼。

空気が読めなくたって「自分」というものをしっかり持っていれば。

 

持っていれば、それが「空気を読めない自分」をよい方向に変えてくれる。

どちらかというと経営者タイプなのかもしれない。

 

 

よくわからないけど、スゴい

そんな彼との付き合いは5年ほどになるだろうか。

全く魅力を感じないのだが、たまに飲むと楽しい。

新しい発見をたくさんくれる。

 

こんなにも自分のことが好きなのか、と感心してしまう。

自信があるからなのだろうか。

恥ずかしがらずに思ったことは口にするし、夢だって語っちゃう。

 

そうすれば、どんどんそこに人が集まってくる。

いつの間にか、彼はスゴいヤツに変身していたのかもしれない。

 

f:id:acogale:20170227192249j:plain