読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

自分と勝負するために、ブログを更新し続ける。

ブログ界隈に生きるということ

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

2016年1月から、はてなブログでブログを書いています。

 

先日、ブロガー(=ブログを書く人)の集まりに行ってきました。

何年も続けているベテランの方から、ブログを始めて1週間というフレッシュな人まで。

みんなで仲良くわいわいと、デザインを変更してみたり、記事を書いてみたりと。

そんな作業をしながら、仲良く話をしていたんです。

 

普段、ブログを書くときは、一人で書くことが多いんですね。

カフェで、自室で、電車の中で。

自分のタイミングの良い時に、好きなように好きなところで書くことがほとんどです。

 

 

だからブロガーは孤独

デザインや構成、内容、画像の選定。

そういったものを全部一人でできるのは、大きなメリットなんです。

自分一人で作り上げたぞー! という達成感は大きい。

けれど、相談する相手もいなければ、キッカケを与えてくれる人もいない。

 

困ったときにGoogle先生に相談するくらいです。

 

有名なブロガーさんで、タクスズキさんという方がいらっしゃいます。

「らふらく」というブログを書いていらっしゃる方です。

先日、ツイッターでこんなことをつぶやいていました。

 

成功しない人の特徴に「孤独になれない人」というのがあります。

やっぱり、ブロガーで力を伸ばしていくには、孤独との戦いが必要なんですね。

 

好きなことで孤独になるのは辛いことです。

理解者がいない、相談者がいない、

悩んでいるときに、どうしたらいいのかさっぱりわからない。

 

 

ブログは誰と勝負するのか

ブログの指標とするものは何か。

アクセス数なのか、収益なのか、読者数なのか。

もちろんそれ一つ一つが目安にはなる。

 

アクセス数が10の時より100のほうがいいし、100よりも1,000のほうがいい。

10の時にくらべて、1,000のときは100倍成長したように感じる。

 

アクセス数を追いかける人、収益を追いかける人。

その前に「ブログを続けること」というのが大事になってくる。

 

「ニワトリかタマゴか」という問題もあるだろう。

めっちゃアクセスが増えたら、どんどん書いてやろうと思うし。

めっちゃ儲かっていたら、どんどん書いてやろうと思う。

 

そうじゃない期間が一定期間ある人がほとんどだ。

3か月、半年、1年と続けていくうちに、アクセス数や収益が伸びてくると言われる。

 

まずは一定の期間、書き続けるということが重要。

それは自分との闘いなのです。

 

 

自分の安定感を知るために

自分と戦いながら記事を書く。

まずは自分との勝負。

別にブログである必要はありません。

ジョギングでも、ラジオ体操でも、瞑想でも、座禅でも。

 

孤独になりながら、自分の中でどんどん籠っていく。

自分の中でレベルをあげて、それに合わせるトレーニングを。

もっと内に内に、どんどん自分を追い込んでいく。

 

自分が自分で潰れてしまうくらい追い込んでいく。

と、新しい光が見えてくる。

 

毎日更新したからといって、毎日が調子良く書けるわけではない。

悩むときもあるし、指が踊りだすこともある。

 

それが日によって、落ち着いていたり飛び跳ねていたり。

自分でコントロールできていればいいんですけどね。

今日は飛び跳ねてみよう、今日はのんびりまったりモードだ。

 

勝手にスタイルが変わっていることが多い。

というのは、自分自身をコントロールしきれていないということ。

 

自問自答しながら、自分にもっと問いかけながら。

頭がパンクしそうになりながら。

そういう環境で書いている記事は、アクセスも伸びる。

結果がいつの間にかついてくる。

 

 

自分自身をコントロールするためにも。

自分のやり方をあとから振り返るためにも。

ブログを更新しているんですよね。

 

目的はひとそれぞれ。

その人にあったやり方、その人が目指している姿。

そこに向かって突き進める環境。

 

そういったものを整備しながら、自分自身をコントロールしていくのだ。

一つ一つのことをしっかりやること。

 

ちゃんとやれ!