読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

デブになった茹でガエル、スーツを買う

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

7~8年前、ホテルのレストランで働いていました。

 

レストランで提供していた食事。

その食事に対するシェフの気遣い。

素材の味を引き出す術。

 

「食」の場所で働いていた為か、食べることが大好きで。

できれば、色々な味を試してみたい、味わってみたい。

そう思うわけです。

 

仕事や趣味に没頭し、食事を忘れとった。

なんてことはありません。

ご飯を食べることが僕の基準になっています。

 

僕自身のバロメーターも食事です。

何も考えず、同じメニューを続けて食べルことがあります。

カツカレーを食べた日に、とんかつを食べたり。

そうなると絶好調じゃないなぁと、自分で気付きます。

 

とにかく食べることが好きなので、思うままに食べていたらデブになりました。

 

「若干スーツがキツいな」

と思いながら、ベルトの穴が一つ、二つと外にずれていく。

あぁ、そろそろヤバいと思ったところで、スーツを買いに行ったわけです。

 

もともとスリムではないので、AB6のスーツを買っていたんですが。

一回り成長し、BB6に。

本当にデブになりましたね。

 

美味しいモノを食べているときは気付かないんですよ。

自分が少しずつ成長していることに。

 

あるとき、あれ??? ちょっと窮屈だぞ??

そう気付いてしまったら、テンションは下がる一方で。

 

 

新しいスーツ、ちょうど良いサイズ。

こんなに快適だったのかと。

 

振り返ってみれば、以前のスーツはスキニージーンズみたいになってましたね。

キレイにフィットしていました。

ピチピチだったのが、ノーマルになり足が解放された印象です。

 

茹でガエルのように、じわじわ成長すると気付かないものです。

ちょっとしんどいかな。程度には感じるものの、最初の状態を思い出せない。

 

新調したところで楽ちんさ、本来の姿に気付くわけです。

最近、足がt浮かれるのは、こういった理由があったのかな。

なーんて思いながら、このままじゃマズいと思う今日この頃でした。

 

 

デブからの脱却を謀るには、食べる量を減らすか、消費する量を増やすか。

どちらかを早々に選択し、実行しなければなりません。

併用できれば一番なのでしょう。

 

いつの間にか、気付いたら、そういう事象が多すぎる。

普段から定量的に記録していれば、もっと手前で気付いたのでよう。

毎日体重計に乗るとか、ご飯の量をコントロールするとか。

 

何も気にせずに生きてきた結果が、デブになったことなのであります。

そうは言っても食べるのはやめられない。

バーベキューも楽しいし、会食も楽しい。

 

それなら、消費するほうを増やすしかない。

これからどうしていこうかと。

思いながらも、茹でガエルにならないように、まずは記録することを。

これからの自分を記録しながら、軌道修正したいものです。

 

 

f:id:acogale:20160903232217j:plain