読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

思いを込めれば、何かが伝わるということ。

(旧)雑記

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

会社員ブロガーやってます。

この「ちゃんとやれ!」というブログと、シュミカコというブログを主に運営しています。

もう一つのブログでは、アートやデザイン展が中心の記事を書いています。

 

 

アートやデザイン

電車で通勤しているので、中吊り広告などでデザインの勉強をします。

こんな風に見出しを付けるのか。

こんなキャッチコピーをつけるのか。

そういった広告になっているものは、プロが作ったものでしょう。

 

先日、休みの日にふらふらと地下鉄を乗っていたとき。

たぶん、たぶん素人が作ったであろう作品を見つけました。

中吊り広告ではなく、駅の案内看板です。

 

 

素人なのだが。

配色、フォント、たぶん普通の人が作った作品。

でも伝わるものがあるんですよね。

何かひしひしと伝わってくるものがある。

 

それが、この看板です。

f:id:acogale:20170214232359j:plain

 

場所は名古屋の丸の内

名古屋市営地下鉄 丸の内駅。

鶴舞線と桜通線が乗り入れています。

 

ただ、名古屋では珍しく、乗り換えの距離がある。

電車に乗るときのドアを間違えると、5分ほどかかります。

 

できるだけ、丸の内駅での乗り換えは避けたいのだけれど。

たまの休みは時間があったので、何も考えずに乗り換えへ。

 

そのときに、先の看板を見つけるわけです。

他にもいろいろな看板が。

 

 

こんな看板も。

f:id:acogale:20170214232413j:plain

f:id:acogale:20170214232422j:plain

 

f:id:acogale:20170214232438j:plain

f:id:acogale:20170214232447j:plain

f:id:acogale:20170214232500j:plain

f:id:acogale:20170214232512j:plain

 

僕は絵のプロじゃない

僕自身、絵のプロじゃないけれど、何か伝わるものが。

キレイに貼ろうとしている姿。

まっすぐに掲示しようとしている姿。

 

駅員さん(であろう)が一生懸命に作っている姿。

そういうものが見える気がして。

 

1枚1枚に対して気持ちがこもっている気がするんですよね。

思いがあり、作った人の責任がある。

f:id:acogale:20170214232526j:plain

 

 

ただのポスター、看板だけど

同じポスター、看板だとしても、貼り方一つで印象は変わる。

まっすぐに貼ってあるもの。

四隅がキチンと留めてあるもの。

折り目、しわが全くないもの。

 

ただのポスターかもしれないけど、ただの看板かもしれないけど。

そこにかける気持ち、愛情、そういったものが伝わるのだ。

 

だれも「盗撮注意」の看板をじっくり見ないかもしれない。

でも、そこに対する気持ちが、その「盗撮注意」から伝わってくる。

思わず「盗撮注意」の看板を撮影してしまった。

 

盗撮している人と間違えられるかもしれないけど、その看板に魅力を感じたのだ。

f:id:acogale:20170214232539j:plain

 

やさしさ、思いやりは、モノからも伝わる。

色分けをしたり、高さをそろえたり。

適当に貼ったわけじゃない。

そこに貼りたくて、そこを使う人のことを考えて貼ったのだろう。

 

そういう愛情が、たっぷり伝わってくる場所だった。

 

アクセス

各線 名古屋駅から地下鉄桜通線で2駅。

 

f:id:acogale:20170214233726j:plain