読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

「知らないこと」を知らないことが、自分を大きく見せている。

(旧)自己分析

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

 

自分が知らないことって何ですか。

「分からないことが分からない」なんて言ったりしますが。

知らないことってどんなことがありますか。

 

僕の最近の知らなかったこと。

 

俳句には「自由律俳句」がある。

 

自由律俳句とは、五七五に縛られないスタイルの俳句だ。

 

おいおいちょっと待てよ。

俳句というのは、五七五があってこその俳句じゃないのか。

チャーシュー麺のチャーシュー抜きのような衝撃を受けたのだが。

 

www.meadameada.net

 

ぶっとび具合が大好きなこのサイト

「ジャンプ力に定評のある前田」

 

俳人と名乗っているだけあって、時々記事の最後に「今日の俳句」というミニコーナーがあるんですね。

 

ある日の「今日の俳句」はこちら

豚キムチ好きだけど言葉の響きが悪口っぽい

 

爽やかすぎる朝到来!タイマーで開く目覚ましカーテン買ったら絵も上達した - ジャンプ力に定評のある前田

 

いやいや、俳句じゃないし、なんだこれは。

 

って思ってしまうわけです。

もともと、氏のブログや活動はぶっとんでいることが多いので。

俳句と言いながら、適当なことを言っているのかと思っていました。

完全にネタなんだろうなと。

 

何かのキッカケで、「自由律俳句」というものを知ったのです。

五七五に縛られない俳句。

 

全身がひっくり返ったような感覚に。

そんな俳句あるわけないじゃん。

 

でも、そういったカテゴリーがちゃんとあったんですね。

 

あぁ、知識の無い自分が恥ずかしい。

自分がしっている小さな小さな世界で、それは違う!! と威張っていたような感じです。

 

でも、違うのは僕のほうでした。

知らないことを、知らないというのは、時に恥ずかしい局面につながるんですね。

 

ただ、知らないことを知らないというのは、自分を大きく見せられる。

ぐいぐい挑戦できるのも知らないから、ということがあります。

 

社会の仕組みを知らないから、ズケズケ遠慮もなく進める。

社長の顔を知らないから、目の前の人が社長だと気付かずに意見が言える。

 

それを知ったとたん、守りに入ってしまうことがある。

目の前にいる人が、偉い人だったら、ヘコヘコするようになる。

 

知らないことで恥を知り、知らないことで自分の強さを知る。

知識があることが、知っているということが、正義ではないんだな。

 

改めて考える良い機会でした。

 

自由律俳句という単語がキッカケで、大きく後押しされたと思っています。

 

 

知らない[通常盤]

知らない[通常盤]