読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

人生の質を上げるアウトプットの場

何気ない行動は、自分をしっかり表している

(旧)自己分析

寝る前には風呂に入りたくなる。

寝る前には歯を磨きたくなる。

寝る前には心地いい音楽が聴きたくなる。

 

いつの日からか、寝る前にブログを書きたくなる。

謙遜して言えば、何の役にも立たないブログだけど。

 

とにかく書くことに抵抗がなくなり、いつの間にか書きたくなる。

この先のビジョンがあるわけでもなく、ただ書きたくなる。

 

アートな考え方なのだろうか。

自分を表現したいから。

絵や彫刻ではなく、ブログを使ってみる。

思いのままに表現する場所。

 

本当は、その先があるんだろう。

自分自身の表現から周りにおすそ分けしたいモノがあるのだろう。

 

自分の強み、好きなもの、頭の中でグルグルしているもの。

アートではなく、そこに分かりやすさを付け加えないといけないのだろう。

 

ズケズケと切り込むことに疲れているだけで。

強力な武器というのは、使う側のトレーニングが必要なわけで。

 

新聞紙で作った筒で戦うのであれば幼稚園児でもできる。

よく切れる刀を使おうと思えば。

まず刀を自由に振り回せるだけの体力、筋力が必要だ。

闇雲に振り回せば大怪我をするだろう。

 

「ペンは剣よりも強し」という言葉が、久しぶりに頭をよぎった。

 

適当に書いても、ちゃんと書いても。

そこに思いが重なっている。

 

うまく書く練習をし、熱い気持ちで書けば。

そこには、わかりやすい文章と、熱を感じることができる。

画面越しに見ると、ただの活字かもしれないし、ただのフォントかもしれない。

 

でも、それらに左右されないだけの力強さ、パワーがあるなら。

それは、その人そのものなのだろう。

 

読み手が明確にわかるかどうかは別だが、なんとなく気付いている。

元気のいい文章、暗い文章、楽しそう、つまらなさそう。

自然とそういうものが滲み出ているのだ。

 

クオリティを大事にすれば、その丁寧さが伝わる。

雑に扱えば、それもそのまま表れる。

目指したい文章、目指したいブログがあれば。

小手先だけの技術ではなく、自分自身の人間性をもっと大事に。

自分自身の人間性を、もっと豊かにしていかなければいけないのだろう。

 

ある程度はごまかすことができたとしても。

それ以上の「何か」が伝わることはない。

 

いつの間にか人は嘘つきだということに気付く。

大人は嘘つきだと気づく。

いい人ぶってみても、カッコイイ言葉を並べてみても。

 

残念ながら、その裏の本質的なところまで、伝わってしまうのだ。

一方的な発信だからこそ、そういった面がよりクローズアップされてしまう。

 

良い文章を書きたければ、良い人間になろう。

 

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)