読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

目標を立てるときには、具体的な目的が無いと続かない。

(旧)自己分析

こんばんわ、スズキ(@acogale)です。

「一年の計は元旦にあり」という言葉がありますが、何か目標を立てましたか。

 

「目標」と似た言葉に「目的」という言葉があります。

この違い、そして目標の立て方。

 

このタイミングで、嚙み砕いておきたいと思うわけです。

 

 

目標/目的 

目標とは

  • そこに行き着くように目印とするもの
  • 行動の達成、水準

目標=目印

「目標を立てる」ということは、「目印を用意する」ということ。

 

 

目的とは

  • 実現しようと目指す事柄

目的=ゴールj

何かを達成しようとするときのゴールを目的ということが多いのではないだろうか。

 

 

目的があって、目標がある

つまり、目的があって、それを達成するために指標としておくことが目標なのだ。

目標は、それだけでは成り立たず、達成したい「目的」がある。

 

「夏までに10キロ痩せよう」

という人は、痩せることが目的ではなく、

・水着になってナイスプロポーション

・夏用の服に合う体形

が目的である。

 

「1年で100万円貯めよう」

という人は、貯金することが目的ではなく、

・そのお金で車や家を買う

ということが目的である。

 

 

目的は変わらないが、目標は変わる

大きな枠でとらえたとき、目的は変わらない。

それに対して、目標は変化するものだ。

 

目的に対しての具体的な方法=目標だから、良い手段が出てきたら変更することもある。

新しい方法が効率よくできるのであれば、目標は変わる。

 

「有名になりたい」という目的のもと頑張ってきた人。

ちょっと前なら、芸能人になるぞ!!!と意気込んでいたかもしれないが、今ならユーチューバーになることで、有名になれるかもしれない。

 

 

目的-目標-手段

目的が決まり、目標が決まったら、次は手段の選定。

目的を具体化し目標ができる。

目標が具体化すれば手段が分かる。

 

何を、どうやって、どんな風に行動していくか。

 

具体的であればあるほど、手段について考えやすくなる。

 

 

目標の前に、目的を

今年の目標に、目的はありましたか。

・ブログを書くこと

・毎日走ること

・痩せること

 

その目標には、必ず目的がある。

その目的に即しているか。

 

もちろん1つの目的に対して、目標は複数ある。

 

「お金持ちになりたい」という目的に対して

・無駄遣いをしない

・副業を始める

・支出を減らす

 

など、目的に対して、目標は複数ある。

 

 

夢を具体的に

目的をハッキリさせるために、夢を具体的に持とう。

夢が目的になり、目的が目標になり、目標が手段になる。

 

どんな自分になりたいのだろうか。

1か月後、半年後、1年後、どんな自分になりたいのだろうか。

 

夢をどんどん具体的にバラしていこう。

それが無いと、目標をいくら立てても叶わない。

 

目標を立てることで、満足してしまう人が多いから。

 

 

人生の目的が見つかる魔法の杖

人生の目的が見つかる魔法の杖

  • 作者: 西田文郎,「元気が出る本」出版部
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2004/07/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 7人 クリック: 414回
  • この商品を含むブログ (26件) を見る