読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

トイレ掃除で運気上昇は勘違い、ただのキッカケにしか過ぎない

(旧)時事ネタ

トイレ掃除だけで運気は上がらない

トイレ掃除をすれば運気がアップする。

そんな話を聞いたことはないだろうか。

  • トイレには神様がいてね、
  • トイレ掃除をすると金運がアップするんだよ、
  • あの有名な人も、そうやって成功してきたんだよ

 

本当にトイレ掃除をすれば、運気がアップするのか。

「風が吹けば桶屋が儲かる」ようなもの??

 

そんな単純なものではない。

トイレ掃除をしたからといって、運気は上がらないのだ。

 

 

ただのキッカケに過ぎない

トイレ掃除をしたからといって、直接の運気アップには結びつかない。

そこだけにフォーカスするのであれば、トイレ掃除の結果は「トイレがキレイになった」ことだけ。

 

極端に言えば、掃除道具を買うこともあるだろう。

水も余分に流すだろう。

出費が増えるだけ、無駄に時間を取られるだけ。

 

トイレ掃除で運気が上がるとしたら、それはただのキッカケに過ぎない。

別にトイレ掃除じゃなくてもいいのだ。

 

 

トイレの神様 (宝島社文庫)

トイレの神様 (宝島社文庫)

 

 

どうして「運気アップ」と勘違いするのか

トイレ掃除で運気アップ。

そう勘違いしてしまうのは、次の4つの結果からだろう。

トイレ掃除ができることによって、次のステップに進める。

そのステップとは。

  1. 嫌なモノと向き合う

  2. 気持ちいいの継続

  3. 掃除し続けるという習慣化

  4. 頭の勝手な制御をコントロール

 

 

嫌なモノと向き合う

トイレ掃除なんてやりたくない、嫌なんですよ。

臭いし汚いし、湿ってそうで、暗くて。

 

でも、そういったコトから逃げない。

しょうがないけどやる、とりあえずやる。

そうやって嫌な事柄から逃げずに、向き合うことができる。

 

それが一番目のポイントです。

しかも向き合うチャンスがいっぱいある。

 

例えば「早起きをする」という向き合い方は、1日1回しかチャンスがない。

それに比べて、トイレと向き合うチャンスは、何時間もあるわけです。

 

 

気持ちいいの継続

掃除されているというのは気持ちいい。

整っているということは清々しい。

それが維持できる空間、ちょうどいい空間がトイレなのだろう。

 

トイレというサイズ、モノの量、比較的コンパクトにまとまっている。

それが、気持ちいいを継続させやすくしている。

キッチンやリビングでは、そうはいかない。

トイレだから、ちょうどいいサイズに出来上がっている。

 

 

マイルストン 俺たちの1/12 和式便所

マイルストン 俺たちの1/12 和式便所

 

 

掃除し続けるという習慣化

掃除でも勉強でも運動でも、習慣化させるのが難しい。

三日坊主になることもよくある。

トイレ掃除を続けることができる人=習慣化ができる人

 

つまり、トイレ掃除を「続けられる」ことがスゴいこと。

高度な意識と技術が必要なのだ。

トイレ掃除を続けられる人は、単純にスゴいヤツなのだ。

継続は力なり

 

 

頭の勝手な制御をコントロール

最後は自分自身のコントロールの話。

ジャズシンガーで有名な綾戸智恵氏が言っていた言葉が印象的だ。

ゴム手袋をつけて、タワシでトイレ掃除をしていた。

手袋が無いと、トイレ掃除するのが嫌だった。

ある日、手袋無しの時に便器の中にズボっと手を突っ込んでしまった。

やけっぱちで、タワシでワーッと掃除したら、新しい世界が見えた。

自分の頭が勝手に「トイレ掃除」について判断していただけで、それを超えることができなかっただけ。

 

DO JAZZ

DO JAZZ

 

 

自分自身、どこかで勝手に「自分自身」を制御していないだろうか。

普段の生活に置き換えると、プライドが邪魔していたり、経験が邪魔していたり。

勝手に結果を予想したり、勝手に自分自身で判断していること。

思考停止になっている。

 

トイレ掃除=臭い、汚い、暗い。という勝手なイメージを刻み込んでいるから。

それを乗り越えることができない人は、トイレ掃除を続けることができない。

 

結局は自分が勝手に都合のいいストーリーを作っているに過ぎないのだ。

 

 

トイレ掃除ができる人はこんな人

嫌なことに向き合って、キレイな状態に共感できて、物事を継続できて、変なプライドや壁が無い人。

 

そうやって聞くと、「そんなスペシャルな人なら運気も上がるし成功するし」

と思ってしまう。

 

 

本当に運気をあげられる人

本当に運気をあげたいなら、トイレ掃除をしているだけではダメ。

「トイレ掃除」というフィルターでふるい分けされたに過ぎない。

 

その時に感じたこと、トイレ掃除から学んだことを、日常生活にも活かさないと運気は上がらない。

 

  • それ以外の部屋も掃除したい
  • 華やかにしてみたい
  • 小さな汚れもキレイにしたい
  • 汚れていることが気になる

そういった気持ちの積み重ねではないだろうか。

  

トイレの神様に聞いたヒミツの開運法: 運呼の法則 (CREATE BOOKS)

トイレの神様に聞いたヒミツの開運法: 運呼の法則 (CREATE BOOKS)

 

 

自分自身のテンションをあげて、いい運気を掴もう

最後は自分自身。

トイレがキレイになって、テンションがあがるならそれでいい。

何かを継続することで、自信がつくならそれでいい。

 

トイレ掃除を通じて、自分が変わったこと、自分を変えたこと。

そういった自信が最終的には強い運気を呼び寄せる。

ツイてる自分になる。

 

「ちゃんと向き合える」「継続できる」「自分を適正にコントロールできる」

これだけ揃えば怖いものナシ。

 

そういう人には良い運気が巡ってくるのだろう。

ただ掃除するだけじゃなく、そこから得られるものをガンガン感じて。

幸せな毎日にしていこうじゃないか。

 

そのためには、毎日のトイレ掃除がオススメなのかもしれない。

 

スコッチブライト トイレクリーナー 本体+リフィル3個 洗剤付 T-557-3HC

スコッチブライト トイレクリーナー 本体+リフィル3個 洗剤付 T-557-3HC