読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

人生の質を上げるアウトプットの場

【素描書き週間】素直に書ける素晴らしさと怠惰な気持ち。

(旧)雑記 (旧)クロッキー

素描書きでいこう。

スズキ(@acogale)です。

 

「クロッキー」という言葉をご存知でしょうか。

短時間で描く速写のことです。

 

デッサン、スケッチのようなものですが、スピードも重視されます。

「素描描き」とも言われるクロッキー。

文章の世界ではあるのでしょうか。

 

あまり飾らず、どんどん文章にしたい。

頭の中から、気持ちの中からどんどん台詞があふれ出てくる。

そういった経験はありませんか。

 

強い気持ち、ぶつけたい気持ちというよりは、滑らかな心地良い感触。

ぬるめの温泉に浸かっているような気分。

アンニュイな感じで、どんどん文章、台詞、言葉が溢れてくる。

 

そんな文章の書き方も楽しいなぁって。

「素描書き週間」とでも題して、そういう書き方に挑戦してみようかと。

 

目安は15分で1,000文字。

スマホからだと少し遅くなりそうだけど。

 

ある事象について書いたとき、その物事をクローズアップするのか、自分の考えをクローズアップするのか。

その違いではないかと。

どちらがよくて、どちらが悪いではなく。

 

自分の考えを伝えたければ、あまり飾らないほうがいい。

ありのままを伝えればいいし、ありのままで伝わらないなら、それが自分だから。

なんでもカッコつけて、自分の思いを伝えようなんて。

伝わらなければ、伝わらないというコトでいいのだ。

同じことを明日考えてみたとして、全く同じ文にはならないだろう。

その瞬間の気持ち、思いを、その時間で切り取るのだから。

 

翌日になれば、気持ちも思いも環境も異なるわけで。

その場にいる、その自分の発言してを大事にしていこうと思うのである。

 

いつか、どんな文章を書いたとしても、それがスズキらしいものでありたい。

 

時々ツイッターで出回っているヤツ。

◯◯の作り方をイケハヤさんが書いたら。

◯◯の使い方を村上春樹氏が書いたら。

 

そうやって、モノマネされるような自分の「何か」が早く文字に出てきて欲しいなぁと思うわけで。

自分でも気付かない言い回しや、表現の仕方があるのだろう。

 

できるだけ自分らしい言葉で。

できるだけ自分らしい波をつけながら。

できるだけ自分らしく、混じり気のない文字を。

 

そんなに強い勢いや、圧迫されるような重さではなく。

あぁ、いつものスズキだなぁと言われるそれを目指して。

少しのあいだは、素描書きを楽しみたいと思う。

 

ここまでで15分。

今日のミッションクリアだ。

 

※クロッキーというのは本来、絵に使う言葉です

 

 

スケッチは3分 (光文社新書)

スケッチは3分 (光文社新書)