読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

ブログ、ツイッター、SNS、そしてリアルとの整合性

どうもスズキです。

 

ネットメディア、SNS、そういったものと「リアル」は結びつくのでしょうか。

 

答えは二通りにわかれると思っていますが。

一つ目は、ネット=リアルというもの。

最近のSNSで「リア充」と言われるように、ネットがリアルの表現の場になっているということ。

 

二つ目は、ネットのそれは、リアルのそれと大きくかけ離れているということ。

もう一人の自分、別の自分を演じたり、表現したりするのに適した場所ということ。

 

普段はこっぱずかしくて言えないようなポエムを書いてみたり。

ちょっと隠しておきたい趣味を、表現してみたり。

そういう場だとしてもおかしくないなぁと思うこと。

 

それぞれが、大きくどちらかの役割でネットを使っているのだろうけど。

どちらを使っている人が多いのだろうか。

 

僕が気になっているのは、どちらが多いか少ないかではなく、明らかに言っていることがチグハグな人がいるから。

それは「ネット」と「リアル」だけでなく、ブログとツイッターとフェイスブックで、まったく正反対のことを言っていたりする。

それが「わざと」ならいいのだろうけど。

前向きな自分と、後ろ向きな自分。

そういったものを、メディアによって使い分けている。

 

でも、どちらかといえば、明らかに気づいていない人のほうが多い。

と僕は感じてしまう。

そんな人であれば、そっ閉じしてしまうのは当然なのだが。

 

「3流同士で馴れ合っているのはクソだ」と発言する一方で、氏のやっていることが3流同士の馴れ合いだったり。

 

素人のスズキが見て、「こりゃ無いわ、ひどいわ」って思うのだから、プロからしたらどうなのだろう。

僕が気づかないスペシャルな要素があるのかもしれないし、それが無ければ何も無いということだ。

 

「オレこんなことできます」って言ったもん勝ちなところがあるかなぁ。

 

ネットメディア界隈には、いろんなレベルの人がいるわけで。

ある程度同じプラットフォームに住んでいて。

良くも悪くも距離が近い。

 

どこかで「コンテンツ」を選ぶときに、そのクオリティ、腕、を重視せずに、相手との距離感で選んでしまっている。

果たしてそれでよいのだろうか。

 

その結果、クオリティが上がらず、発注者のクオリティも上がらない。

あまりよくないスパイラルになっているのだろう。

ネットメディアで距離が近くなったからといって、それで済ませてはいけない。

 

手軽になった分、自分自身のクオリティ担保が難しい。

自分自身のブランディングが難しい。

本当に「商品」として売り出せるものは、自分というものを表現できるものは何かと。

改めて考えてしまう。

 

 

ネットとリアルのあいだ――生きるための情報学 (ちくまプリマー新書)

ネットとリアルのあいだ――生きるための情報学 (ちくまプリマー新書)