読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

僕が活発に行動する理由

(旧)雑記

スズキです。

僕は行動的です。

やってみよう、行ってみよう、試してみよう。

そういう気持ちで動き回っています。

常に動いていないと気が済まないんです。

 

どうしてか、単純に「寂しいから」でしょう。

求められていないのが、精神的に負担だと感じています。

 

このブログでも時々出てくる「サイグラム」という本にこう書いてありました。

 

心理的な空白や落ち込みを避けるため

ぽっかり空いた空白は、焦りや恐怖を生んでしまうから

 

サイグラム 史上最強のコミュニケーション・メソッド

サイグラム 史上最強のコミュニケーション・メソッド

 

 

つまり、孤独を避けるために、動き回ってそれらを回避しようというわけです。

 

一種の占いのようなものなので、どこまで信じるか信じないかは自由なんだけれども。

確かにそう思い当たる節はありましてね。

 

ちょっと前までは、それが仕事に向いていました。

朝から晩まで働く、とにかく働く。

そういう時の気分が落ち着いていた。

常に誰かから求められているような、そんな気がしていて。

 

仕事以外の場に、スズキ自身の居場所を見つけられるようになったら、仕事からプライベートにそれがシフトしていくんですが。

 

それでも、どこかに何かを求めている。

テイカーになっているんですね。

何か僕の中にある空白や、孤独を埋めてくれるように。

クレクレって言っているだけなんですけど。

 

そのバランスをとるために、ギバーにならないといけない。

だから、自分を売り込みに活動的に動くのでしょう。

そこに見返りを求めないようになれば、一人前なのですが、なかなかそうはいかないものです。

 

サイグラムにもこう書いてあります。

対人対応においても相互利益(ギブ&テイク)を基本としています。

だから、余計にバランスを気にするのかもしれません。

 

孤独の空白を埋めたり、居場所を探したりするために活発に動くわけですが、本来の僕の気持ちとは違います。

本当はもっと飛び込みたいわけです。

用意されていない場所にどんどん飛び込んでいきたい。

それができてこそ、活発な行動だと思うわけです。

 

いつものところに、いつものように、いつもどおり。

確かに「動いて」いるかもしれませんが、その本質的なところは固定されています。

位置が変わるだけでなく、本来の意味でもっと動きたいのです。

 

チャレンジ、葛藤、出会いなどなど。

そういったコトに飛び込むことが、活発な行動だと思っています。

そうは言いながらも、闇雲に飛び込むのは愚の骨頂だと思っているので。

 

ただ動き回っているだけではダメなんです。

居場所探しじゃダメなんです。

 

今は次のステップへの準備だと思って。

もっともっと活発に行動していきたい。

次の何かを得るために。