読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

僕はラーメンが好きで、ラーメンが嫌い

基本的に食事にはうるさい。

もちろん日常の食事に文句を言うわけではない。

基本的に何でも食べる。

食べるが、好き嫌いが激しい。

嫌いだからといって残したりはしない。

ちょっとテンションが下がるだけ。

 

日本人だからだろうか。

ご飯に汁物というのは最高の組み合わせだ。

それにおかずがあったら、僕は一日ハッピーで過ごせる。

 

だからどんぶりは嫌い。

そう言いながらも、今日は天丼を食べた。

好き嫌いは、テンションがちょっと変わるだけだ。

 

ご飯に汁物は最高の組み合わせ。

だから、麺類というものは、全くテンションが上がらない。

スパゲッティにそばにうどんに。

食べないというわけじゃなく、もちろん美味しく食べる。

でも、ちょっとだけテンションが下がる。

 

さて、問題はラーメンだ。

ラーメンなんて、本当に嫌いだ。

特に醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン。

あれは何だ!!!と言いたくなる。

が、僕は1週間に2~3回はラーメンを食べる。

 

食べるなら豚骨ラーメン。

豚骨ラーメンは「豚骨」だから。

醤油ラーメンが「醤油」らしいと思ったことはなく、味噌ラーメンが「味噌」らしいと思ったことがない。

 

勝手なイメージだが、味噌ラーメンというのは味噌汁に麺が入ったようなものだと頭が勝手に認識しているので、食べる気分になれない。

塩ラーメンなんて、温かい塩水に麺が入ったようなものだと。

茹でている途中のラーメンみたいなもんだ。

 

だから、とりあえず豚骨ラーメンなら許せる。

また豚骨ラーメンは細麺が多い。

豚骨ラーメンなら。

ということで、今夜も豚骨ラーメンを食す。

 

 

ラーメンは嫌いだ、ごはんと味噌汁じゃないから。

でも、週に2~3回食べるくらい好きだ。

僕の1割はラーメンからできている。

ラーメンの魅力ってなんだろうか。

手軽に食べられるところ、温かいところ、すぐに提供されるところ。

 

ラーメン、ラーメン。

少し身体をいじめているところも、ラーメンの良さだろう。

ラーメンの力、恐るべし。