読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

「ブログがクソつまらない」と叫びたい夜

ブログって楽しい?

ブログって面白い?

 

ネタ探して、文字にして、誰かに読んでもらう。

感想や意見や星をもらって、また次の記事へ。

 

これって面白い??

 

たまーにね、ブログがものすごくつまらなくなるときがある。

ブログがつまらない。

 

そんなときは決まって、言いたいことがたくさんあるとき。

思考がドバドバ出てくるとき。

ノンストップで1時間も2時間も話ができるってとき。

 

そんなときは、ブログがつまらない、ものすごくつまらない。

 

文字にするだけで、気持ちはスッキリするの?

文字で表現するできるの?

不完全燃焼なんだよ。

 

絵であれば、強めのタッチで暴れるように描ける。

筆だって、ペンだって、暴れるように書ける。

音楽だってさドラムをガンガン叩いたり、歌だってシャウトしたりできる。

 

この自分の感情、どうやってブログで表現する?

文字を大きくすれば?

太字にすれば?

キーボードを激しく叩けば?

どれも本質じゃないし、表現にならない。

 

ブログがクソつまらない理由。

感情のメーターが範囲内のときはいいんだ。

言いたいことを書ける場所、多くの人に読んでもらえる場所。

ブログは本当にありがたい存在。

 

ただ、みんなはそんなに落ち着いていられるの?

いいコトも、悪いコトも、もっとドバドバ感情がでてこないの?

そんな溢れんばかりの感情、この文字に載せることができる?

 

感情が高ぶり過ぎると、ブログが書けなくなる。

ただ、その感情の時のブログは非常に面白いものになるだろう。

ありのままの自分がいるから。

 

それを文字にする段階で、気持ちが冷めて、優しい表現になって。

その勢いは読み手に伝わらなくなる。

 

読み手も、そんなにパワーのあるモノを読むと疲れてしまう。

でも、本当に伝えたいモノって、そこじゃないのだろうか。

自分から溢れてくる気持ちをどんどん伝えたい。

 

日本語がしゃべれるので、声にして伝えることができる。

大きな声、乱暴な言葉、身ぶり手ぶり。

そういったモノが一気に出るから、その気持ちが伝わる。

一気に出るから、本当の自分を伝えることができる。

 

文字にすると、それが大人しくなってしまう。

自分の気持ちってさ、そんなものなんだろうか。

気持ちが高ぶっているときに書くブログはクソつまらない。

不完全燃焼記事だから。

 

声を出して叫べる環境、その気持ち。

そういったものが、本当に大切だと思う今日この頃。

言いたいことが、クソつまらない記事にならないように。

大事に保管しておくことも必要だろう。

f:id:acogale:20161115231335j:image