読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

西野と西田に感化される。「西」を大事にする。(敬称略)

 僕の中で、この文章が盛り上がっている。

 

www.facebook.com

 

お笑い芸人キングコングの西野さん。

11月3日~11月30日に東京都渋谷区神宮前の「SEZON ART GALLERY 1F」にて、

にしのあきひろ『えんとつ町のプペル展』

が開催されています。

この個展を、クラウドファウンディングで資金調達をし、入場無料で開催されているそうです。

クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、不特定多数の人から出資をしてもらうこと

キャンプファイヤーというクラウドファウンディングサービスで、6,257人から4,600万円の支援を集めたことでも話題になっていました。

camp-fire.jp

そんな西野さん、ツイッターでも炎上するこが多く、好き嫌いが分かれるでしょう。

僕はあまり気にしていなかった。

以前から絵が素敵、特にボールペンで描いた絵が素敵だなぁと。

芸人としても、名前を知っているだけで、そんなに興味が無かったわけです。

だから「好き」とも「嫌い」とも思わなかった。

 

ただ、クラウドファウンディングのことは知っていたので、素敵な個展をするのかぁと。

それからちょっとだけチェックするようになった。

というときに発見した前述のFacebookの投稿。

 

『えんとつ町のプペル展』初日。
14時に会場に行ったのだが、まぁ、散々だった。

混雑した時の為に、会場の入り口に、銀行や「みどりの窓口」などで見られるポール&ロープが設置されていたんだけれど、んなもん、混雑した時に設置すればいい。

せっかく時間とお金をかけて入り口正面の美術を作り込んだのに、ものの見事に撮影スポットをブチ壊している。
「ここ、撮りたい!」と思わせて、Instagramにアップさせて、バズらせようという発想が、脳ミソに1ミリも搭載されていない。

接客は0点。
スタッフは偉そうに腕を組んで、まるで見張り番のようにお客さんを睨む。
忙しいのかテンパってるのか知らねーけど、お客さんの前で、キッチリと忙しい顔を、テンパっている顔を晒しているスタッフもいる。
僕は分かるけれど、お客さんからするとスタッフの都合なんて、知ったこっちゃねーよ。

会場には音楽を流しておくように伝えたんだけれど、まるで流れていない。
ただ、壁に絵を飾って、ただ、お客さんに見させている。
その接客には体温のカケラもない。
「徹底的に楽しませてやるぞ」という気概がない。

でも、これは監督不行き届きで、僕のミスだ。
なんとしてでも開場前に現場に着いておくべきだった。
あとは、「なんとしてでも面白くしてやろう!」とスタッフに思わせることができていない僕の魅力不足だ。

 

~中略~

 

だから、もっと純粋に、
目の前の人を楽しませた方がいいし、
困っている人がいたら助けてあげた方がいい。
とにかく目の前にいる人を幸せにして、
そして、顔を覚えてもらった方がいい。
必ず返ってくるから。

 

書き方はどうであれ、久しぶりに心に響く言葉だった。

作者の意図はどこまで反映しているのだろう。

結局のところ、自分本位になるのだろうか。

 

やっぱり熱い人は苦手なんだけれど、そういった熱い人にはスゴく惹かれるわけで。

僕自身「周りの人を楽しませたい」的なことをずっとずっとベースにしてきたわけだけど、まだまだ上の人がいるんですよ。

もっと純粋に楽しませたいと強く思えばいいのだろうか。

 

でも、大人になると、僕が大人になっていけばいくほど、それが難しい。

打算的な考えや、不純なものがたくさん混じってくる。

飼い犬みたいにね、しっぽがちぎれるくらいにアピールして、表現すればいいのだけれど。

 

と思うと、僕が下半期に決めたことは、どこまでできているのだろうか。

これが僕の下半期の目標。

この気持ちって、西野さんの気持ちにも通じるものがあるんだろうな。

もっと「伝えたい」と強く思うことが大事。

本当に、相手に伝えたいと思うなら「伝えたい」気持ちをしっかり持つことが大事。

 

BRUTUS編集長の西田氏に目標をもらい、キングコングの西野氏に気付きをもらう。

 

絶対に何かを感じ取っている気がする。

それを、もっといろんな人に伝えていこうということか。

「ある事柄」にどんどん執着して、本質や訴えているものを吸収したいし、それをばらまいていきたい。

適当に過ごしていても、無難に過ぎ去るんですよ、いろんなことが。

それでもいいかなぁって、いつの間にか甘えてしまう。

強い信念はどこにいってしまったんだろうか。

まぁなんとかなる、というのも一種のスキルかもしれないけど。

それだけじゃないという気持ちを早く呼び起こさないと。

早くステップアップしたいんだよ。

 

まずは、えんとつ町のプペル展に行くしかない。

f:id:acogale:20161105222010j:plain