読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

技術がいらないから、出来る人と出来ない人の差が激しい。

パソコンが普及して、スマホが普及して、世の中は大きく変わった。

インターネットのおかげで、世界がこんなに身近になるなんて、考えることができなかっただろう。

最近では、3Dプリンタが身近になり、多くのクリエイティブな作品が登場している。

 

難しい形の加工も、パソコンを操作すれば簡単に創ることができる。

旋盤技術や、修行なんていらない。

3Dデータを、ちょいちょいと加工してボタンを押せば、それで完成だ。

 

世の中が大きく変わったせいで、高度な技術が必要なくなった。

力作業も機械がやってくれる。

遠くへの移動も、新幹線に飛行機に、自分が早く走る必要がなくなった。

 

世の中に素敵な技術が溢れているせいで、技術力が無くても次のステップへ進めるようになった。

特に「パソコン」を通して、インターネットを通して多くのことに、容易にチャレンジできるようになった。

 

さて、色々なモノの障壁が低くなったことで「できる人」と「できない人」の差が激しくなっていると僕は思っている。

例えば自動車免許を持っている人は、クルマを運転することができる。

簡単に遠くまでいけるし、好きな時に出掛けることができる。

 

例えばパソコンを使える人は、そのパソコンを通して多くモノをクリエイトすることができるし、世に伝えることができる。

パソコンを使えない人は色々と苦労されているのだろう。

 

その先に待っているものは、その技術やスキルを、どこまで活かせることができるのか。

その先というのは技術やスキルではなく、強い思いなのだろう。

自分はこんな能力があるから、これを創りたい。とか。

 

参入が容易になった分、そこへの強いこだわりも思いも無くなってきている気がする。

選択肢が多いからか、やりたいことがたくさんあるからか、目移りしてしまう。

 

まぁ、これがダメでも、次があるから大丈夫大丈夫。

そういう軽い気持ちで始められるのも事実だが、その軽い気持ちだからこそ、実にならないことも多い。

 

イラストレーターになりたい友だちがいる。

最近は高価な画材を買わなくても、ソフト一つあればなんとかなる。

初期投資にお金がかからないことはいいこと。

それでハードルが下がるのもいいこと。

だけど、そこに思いがないとさ、良いものは創れない。

それで良いものが創れるなら、それは天性の才能だ。

 

天性の才能って、そんなにたくさんの人に与えられていないんだよ。

だから、強い気持ちでやりきるんだろうけどね。

障壁が少ないからさ、強い気持ちもないのかもしれない。

 

ネットで○○始めました。という人。

もっと頑張ったほうがいいと思う人もたくさんいる。

もっと頑張れば、もっと真剣になれば、成功するんだろうなぁって思う人がたくさんいる。

 

技術がいらないから、誰でもすぐに始められるからこそ。

スタート地点を高めに設定しないと、素人の波に溺れていくだけなのかもしれない。