読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

相手を覚えることを大事にしている人は伸びる。

(旧)雑記

スズキです。

たくさんの方と出会う機会が多い人は、どうやって名前を覚えているのだろうと。

以前の記事にも書いていましたが、本当にスゴいなぁと思っています。

 

hatena.aco-gale.com

 一度会った方でも、しっかりと覚えて頂けるのは非常に嬉しいことで。

そんなに多くの会話をしたわけでもなく、そんなにたくさんアピールしたわけでもないのに。

1ヶ月ぶり、2ヶ月ぶりに会った人が覚えていてくれると嬉しいんですよね。

と同時に、どうしてそんなことができるのか、スゴいなぁと思うわけです。

 

 

 そこにブログがあるから

なぜ僕が名前を覚えられないのか。

その結論は「そこにブログがあるから」です。

ブログがあるから、ブログを見ればいい。

ブログがあるから、そこに頼ればいい。

ブログは逃げない。

 

これが大きな問題なのでしょう。

例えば何かイベントをする際、参加者一覧があったりエントリー一覧があったり。

そうすると、どこに誰かが事前に分かる。

また、参加した後に参加者リストがあったりすると、そこから連絡ができる。

つまり勝手に繋がっていると認識してしまうわけです。

 

 

その場でしっかりとグリップを

相手の連絡先を知っているから、また連絡できるぞ。

と思ってしまいます。

相手のことを勝手に知っているから、自分だけが満足してしまいます。

 

僕が勝手に知っているだけで、相手には全く印象に残っていないかもしれません。

そんな中で、うまく僕を救ってくれる人がいるというだけのこと。

そういう人には本当に感謝です。

相手のことを、出会いを本当に大事にしているのです。

 

 

相手を大事にしている人は伸びる

相手のことを大事にすること。

出会いをないがしろにしない人。

そういった人がグイグイ伸びていったり、魅力ある人になるのでしょう。

一期一会を大事にして、そこにパワーを注ぐ人が伸びていくのでしょう。

そこにブログがあるから、残っているから。

どうしても雑になってしまうところがあります。

 

例えばそこにブログがなければ、もっと対応が違っていると思います。

ブログがあるから、相手が逃げないという変な自信が問題なのです。

 

 

時間を割いてもらっているのだから

誰かに会う、会ってもらうということは、そこに時間が発生しています。

相手の時間も自分自身の時間も。

その時間、タイミング、縁というモノをもっと大事に大切にしないと。

 

いつもそういったことを思うけれど改善できていないのは自分自身の問題です。

前回の記事でも「自己紹介をちゃんとできるようになること」を決めました。

何かしら自分の中で決めることがあっても、それを実行しなければ意味がない。

もっと出会いというものを大切にして、相手のことを考えて大事にしていきます。

そういった小さな積み重ねが、今後の自分に大きな影響があるというものです。

 

hatena.aco-gale.com