読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

人生の質を上げるアウトプットの場

「多くの人に出会えた」ことが、ブログを書いていて良かったことだ。

(旧)雑記 (旧)ブログ運営

こんばんわ、スズキです。

どうしてブログを書いているのか。

そうやって原点を考えてしまうことがよくあります。

 

どうしてブログを書いているのか。

僕は気持ちを伝えたい人がいたから。

いつの間にか自分の習慣になり、自分を表現していくことができるようになった。

そうしていると、似たような人が集まってくる。

 

類は友を呼ぶ

まさにこの言葉通り。

似たような考えを持った人。

似たような思考の人によく出会うようになった。

 

ブログを続けていて、ブログを書いていてよかったこと。

僕は多くの人、似た様な人に出会えたこと。

 

ブログを始めていなかったら、生まれていなかった出会いがあったり。

ブログを始めていなかったら、経験しないようなこと、チャレンジしないようなこと、手に入れていないようなことがあっただろう。

 

先日も、ブログを読んでくださっている方が会いに来てくれた。

仕事で近くに寄ったからとはいえ、わざわざ連絡をしてきてくれた。

面白い出会いだと思った。

 

僕自身、人と会うのは苦手だったけれど、人と会うことで生まれるものが多かったから。

Airbnbに特化した「エアログ」というブログを書いている「るってぃ」さんにこんなことを言われたのだ。

民泊が怖い、外国人を泊めるのが怖いって言うけどね。

彼らにとって日本は「アウェイ」なんだよ。

日本人は「ホーム」だろ。

だから「ホーム」側の人たちのほうが有利だ。

「アウェイ」の人には不安があったりする。

だから、そんなに外国人を怖がらなくてもいい。

「ホーム」にいられるんだから、こっちのほうが強いから。

と。

「会いに来てくれる」というのは、相手にとって「アウェイ」なんだな。

僕は名古屋で「待っている」だけ。

つまり「ホーム」でのんびりしているだけなんだから有利だ。

 

ということで、人と会うことに抵抗がなくなった。

もちろん相手とのやりとりのなかで、ある程度の常識や考えや人となりで判断するけども。

 

変な恐怖感だけで、前に進めなかった僕を後押ししてくれたのも「ブログ」を通して出会った人だった。

 

こういった出会いや、こういった世界が合う人、合わない人がいるのも承知の上だが。

なかなか面白い機会、チャンス、タイミングがあるのがブログだと思った。

 

僕の場合、ブログが窓口になっているだけで、本当はその奥のモノを求めているのだろう。

遊びに行ったり、誰かと会ったり、イベントに出掛けたり。

ブログを言い訳に、ブログをネタに行動しているだけ。

 

そういった後押しをしてくれる良き存在であると同時に、書かなきゃいけないという足枷ににもなっている。

だからこそ、最後までやりきってやろう、これからも続けてやろうと思うのかもしれない。

 

ブログをネタに、ブログを言い訳に、次の一歩を踏み出すことができた。

たくさんの人に会い、たくさんのモノを見て、多くのことを感じ、多くのことで悩む。

それをどんどん人に伝えていきたい。

 

自分のパワーをどんどん発信していきたいのだ。

僕にとっては手段の一つかもしれないが、そのおかげでどんどん面白い人生になっている。

 

まだまだこれからも楽しめそうだ。

 

hatena.aco-gale.com

hatena.aco-gale.com