読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

ツイッター流し読み法

(旧)雑記

ツイッター酔い

こんばんわ、スズキです。

ツイッターを始めたころ、僕は酔ってしまうような感覚に陥った。

タイムラインに流れるツイートを読んでいた。

ツイッターには、リプライ、リツイートという機能がある。

最近では、ホームページの記事や、ブログの記事を発信するためにもツイッターを使う。

 

面白いつぶやき、興味のあるつぶやきがあれば、リツイートする。

リツイートをすれば、同じ内容がタイムラインにあがってくる。

 

人気のある記事、人気のあるつぶやきは、どんどんリツイートされる。

 

同じツイートがたくさん並ぶ。

 

同じツイートが、同じツイートが。

 

 

初めから終わりまで目を凝らして読んでいた。

同じツイートを、何回も読んでいた。

 

だんだん頭に入らなくなる。

だんだん何をやっているのかわからなくなる。

気持ち悪い、ツイッター酔い。

 

 

 

 

 

 

ツイッター再開

ツイッターを始めて2~3日で辞めた。

ツイッター酔いのせいだ。

 

そのまま放置していた。

 

また、ツイッターを使いたくなった。

過去のIDを引っ張り出してきて、もう一度チャレンジ。

 

やっぱりツイッター酔いだ。

 

 

真面目に読むのを辞めた。

ツイッターが面倒くさくなった。

でも、みんなはツイッターを使っている。

取り残されてはいけない。

なーんて思いながら、ツイッターにチャレンジ。

 

もう諦めた、僕にはツイッターが向いていないと。

諦めたから、適当にツイッターを使うことにした。

 

誰が何を呟いているかなんて、気にしない。

 

そうしたら、重複するツイートも、何度もでてくるツイートも気にならなくなった。

適当に目の前を流れていく。

そんなツイッターで満足できるようになった。

 

そのうち慣れるのだろう。

 

 

今では、追いかけられるように。

ツイッターで、手抜きをするようになって半年。

ようやくツイッターを楽しむことができるようになった。

 

ツイッターの便利さも分かるようになった。

誰でも、リアルタイムに情報を伝えることができる。

 

いろんな人の情報を、しっかりと見ることができるようになった。

今ではニュースサイトに変わる便利なツール。

 

 

リアルタイム発信と、リアルタイム受信。

自分のつぶやきを見てもらうことも楽しいけれど、僕は検索機能を愛している。

どこかで何かがあったとき、ツイッターで調べるとすぐに分かる。

それがどこまで正しいか、吟味しなければならないが。

 

地震があったとき、警察がたくさんいるとき、電車が止まったとき。

 

そんなときに、助けてくれるのはニュースサイトでも、テレビの速報でもなく、ツイッターだ。

 

先日、こんなことがあった。

 

 

ツイッター、マジ天使。

なんでも教えてくれる。

 

本当に助かっている。

 

 

ツイッターは流し読み

初めは、食わず嫌いみたいなものだった。

そういったツールに溺れるのはダサいと思っていた。

流行りモノにもてあそばれているような気もした。

 

実際に使ってみて、身体に合わなかった。

めちゃ酔った。

でも、もうちょっと続けてみようと思って、取り組んでみた。

 

そのうち使いこなすことができるようになった。

便利なツールだと気付いた。

自分の知りたい情報を知ることができるようになった。

 

ツイッター、ちょー便利だ。

 

 

情報の正確さ、内容の正しさは約束されない。

それを100%信じてはいけないと思っている。

 

流し読み程度がちょうど良い。

ツイッターは、流し読み。

 

ツイッター流し読み法で、便利に使っていこう。

ネット界隈の噂では、ツイッターが売られるようなことが書いてある。

 

これからも便利なツイッターでいてほしい。

 

 

今すぐ使えるかんたん文庫 LINE & Facebook & Twitter 基本&活用ワザ

今すぐ使えるかんたん文庫 LINE & Facebook & Twitter 基本&活用ワザ