読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

「素直になることが一番」と言われ、素描書きを教えてもらう。

(旧)雑記

こんばんわ、スズキです。

ブログを書いていて思うこと。
 
「書きたい」という欲求と「伝えたい」という欲求がある。
その他の欲求もあるが、今回は「書きたい」と「伝えたい」に絞ってみる。
 
書きたい欲求のときは、なんだか手軽にスラスラ書ける。
頭のなかから出てきたモノ、思っていることを順番に書いていく。
そうするといつの間にか記事ができあがっているのだ。
 
伝えたい欲求のときは、書くことをしっかり決めて、見出しや構成をしっかり考える。
書き終わったら推敲したり、手直ししたり。
 
 
小鳥ぴよぴよというサイトを運営されている清田いちる氏。
先日、氏の話を聴く機会があった。
 
そこで教えてもらったこと。
素直に書けばいい。
ということ。
 
思ったことを思ったまま書くこと、それが大事なこと。
できれば両輪で、書きたい記事と、伝えたい記事の両方を書けることが一番だとも話していた。
 
思うがままに書くことはそんなに難しいことではない。
思っていることを書くだけだから。
ただ僕が危惧していることは、ゴールできないのではないかということ。
 
調子にのって書き始めたときはいいのだけれど、いつの間にか迷子になってしまう。
思っていたゴールと違う、思っていたストーリーと違う。
最後の方でそれに気付くのだけれど、それまでの間は絶好調に書ける。
 
どうしたらよいのだろう。
と、直接聞いてみた。
 
「清田先生、僕は思ったまま書くとゴールできなくなってしまいます。どうしたらゴールもできて、思うがままの記事を書くことができるのでしょうか」
 
先生からの返答。
「それは書きたい気持ちが終わったから、ゴールが見えないんだよ。それはそれでいい。書きたい気持ちを達成したことが記事だから、それをそのまま公開すればいい」
そのようにアドバイスをくれた。
 
短時間で勢いで書く、見直しも推敲もしないで公開する。
そんな書き方を「素描書き」と先生は呼んでいるそうだ。
 
思ったことを書く、短時間で書く。
それが、自分らしさを包み隠さず表現できるのかもしれない。
素直に書くということだろう。
そういった思いからか、先生はショートノートというサイトも立ち上げていた。
 

張り切って書きたいときもあれば、さらさらっと書きたい時もある。

どちらが正しいとかではなく、どちらも必要なことなのだろう。

 

何も考えないで、思ったことを、ただそれだけを書くこと。

それこそが、僕の本当に思っていることで、僕自身なのかもしれない。

 

わざわざ考え直すと、それ以上の要素が文章に織り込まれてしまう。

フラットな気持ちで、フラットな想いを、できるだけ正確に書いていきたい。

 

 

「書く欲求」と「伝える欲求」

どちらも大事な要素だからこそ、上手く使い分けが必要なのだろう。

20分で1記事を目指して、素描書きに取り組んでいく。

 

 

我が名は魔性

我が名は魔性