読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

さっさと「終わり」を決めろ

(旧)雑記

こんばんわ、スズキです。

「夢」や「やりたいこと」はありますか??

それに向かって準備をするとき、一番大事なことは何か。

 

それは「ゴール」ではなく「終わり」を決めることです。

 

 

「終わり」を決めるとは

ゴールを決める人はたくさんいるでしょう。

  • ○○に合格する
  • ○○を手に入れる
  • マラソンを3時間で走れるように
  • 貯金が○○円
  • 部長になる、取締役になる
  • 結婚する、子供を育てる

 

そのゴールを決める前に「終わり」を、即ち「納期」を決めることが重要です。

 

一番に決めよう

「いつまでやるか」ということを。

ただそれだけを決めておくこと。

一番にそれを決めましょう。

 

いつまでにやるのか、それを達成するのか。

それを実現するために、次のことをいつまでにやるのか。

 

 

例えば受験勉強

大学受験や資格試験の「終わり」は、受験日ですよね。

その日まで、全力でやりきる。

その「終わり」がハッキリ見えているから、あと少し、あと少しと頑張ることができます。

 

いつまで続くか分からないようなモノのとき、先が見えないことが不安になって、続かないことが多い。

本当にこのままで良いのだろうか、何のためにやっているのだろうか。

と迷子になってしまう。

だから、受験勉強のように「いつまでに」ということが明確に決まっているほうが、努力しやすいんですね。

 

 

マンネリ化防止

「いつまで」という「終わり」がないと、迷子になりませんか。

とりあえずやっている、続けている。

といったこともあるのではないでしょうか。

 

ダイエットをしよう!! と決めたときに、ただ「15kg」痩せると決めただけでは、いつしか惰性でダイエットに取り組むのではないでしょうか。

 

その為に、1ヶ月、3ヶ月という期間を、「終わり」を設定して、その間は頑張る。

決めた「終わり」がきたら見直すこと。

そこから、「続ける」「改善する」「止める」という選択肢が出てきます。

 

 

精神的負担も軽く

終わりが決まっていると、そこで止めることができるので、気持ちが楽です。

ゴールだけを設定するとゴールテープを切るまで、不安やプレッシャーに襲われます。

 

とりあえず1ヶ月やってみよう。

うまくいかなかったらやめればいいや。

とりあえず3ヶ月やってみよう。

うまくいかなかったら別の方法を試したらいいや。

 

意識的に「止めどき」を作ることで、正々堂々と止めることができます。

もちろん、自分にマッチしたやり方であれば「続ける」という選択肢もあります。

 

 

効率よくステップアップするために

意識的に期間を設定することで、見直しができます。

よくできたか、ダメだったか、間違っていないな、負担は増えていないか。

そんなことを、見つめ直すことができます。

 

「1日2冊の本を読む」という目標で1ヶ月取り組んだ。

やっぱり難しいから、「1週間で14冊の本を読む」という目標に変えよう。

 

そう思い直すきっかけ、ただの言い訳じゃないぞ!!という意味を込めて、細かな「終わり」を作ることが大事です。

 

 

自分に嘘をつかないように

適当な理由をつけて、やめてしまうことが多い。

言い訳をしないで、初めからやめることを決めておけば、自分に嘘をつかなくて済みます。

 

1ヶ月限定って決めたから。

半年続けるって決めたから。

 

もちろんその裏には、「1ヶ月で○○までやる」とか、「半年間は毎日○○をやる」という目標があるのですが。

半年間、毎日続けられたらそれは大きな成果でしょう。

でも「半年」という終わりを決めていなければ、「やめちゃった」という事実しか残らない。

 

自らの行動を明確にするためにも、終わりを決めることを強くオススメします。

 

「僕は毎日ブログを更新する」ようにしています。

まずは1年続けてみようと。

そこまでできたら、僕の中での一人前だと。

そう思っているので、あと4ヶ月は続けていきますよ。

 

 

目標管理の教科書

目標管理の教科書