読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

人生の質を上げるアウトプットの場

してもらう幸せ、できる幸せ、してあげる幸せ

(旧)雑記

こんばんわ、スズキです。

今日も幸せですか??

 

こんな書き出しだと、とても宗教くさいイメージがあります。

ご安心下さい、そんなことは一切ありませんから。

変な会に誘ったり、変なものを売りつけたりしないので。

 

タイトルについて。

先日「幸せお届けブロガー」と名乗りましたね。

 

hatena.aco-gale.com

 なぜ僕が幸せを届けるのか。

自己満足ですから、あまり厳しく突っ込まないでくださいね。

 

僕が幸せを届けるのは、僕が幸せになるからです。

名言ですね。

 

そして何よりも相手も幸せになる。

こりゃ一石二鳥ですよ。

だから僕は「幸せお届けブロガー」になるのであります。

 

そもそも幸せってなんでしょうか。

嬉しいこと、楽しいこと、笑顔になること、満足すること。

そんなことを総じて「幸せ」としましょう。

 

僕が成長する課程で教わったこと。

これは高校の先生に教わったこと。

人が喜び、幸せを感じるレベルは3種類

してもらう

自分でできる

相手にしてあげる

そうやってレベルアップしていく。

いつかスズキくんも分かるときがくるよ。

と教えてもらった。

 

僕が立派に成長したからなのか、最近は「してあげたい」と思うわけです。

 

そんなことを言うと、会社の先輩からこんなことを言われます。

「~あげたい」なんて、横柄だ、おこがましい。

と。

確かにその通りです。

謙虚な気持ちも大事なのです。

 

うまく謙虚に振る舞えない。

それは、まだまだ僕の器が小さいから。

やってあげたい!!というレベルで、ひとまず満足するから。

 

それを超えるには、もうちょっと経験や悟りが必要かもしれませんね。

 

とにかく、してあげたいんですよ。

幸せを届けたい=相手にしてあげる=自分が幸せで気持ちいい

つまりは、そういうことです。

 

相手に○○してあげることが、自分の経験にも必要なんですよね。

というわけで、幸せお届けブロガーとして活躍する(予定)んですが。

 

幸せをお届けすると、自分が幸せになって、面白い気付きがあって、仲間が増えて。

結局、自分が一番満足しているんですよね。

相手のためだ!! 相手の役に立つ!! なーんて思っても、結局は自分が一番になる。

自分の為に相手がいるということでしょう。

 

だから僕は、いろんな人を「幸せにしているつもり」だけれど、自分に御利益が返ってくる。

損をする人がいない。

この素晴らしいシステムにウットリするんですね。

 

別に変な宗教や、変な活動を始めたわけではありません。

今までと何ら変わらないけれど、ちょっとカッコよく言ってみると印象が違うでしょ。

 

「してもらうこと」で嬉しかったときもありました。

おもちゃを買ってもらった、ご飯を作ってもらった、遊びに連れて行ってもらった。

 

それが、「自分でできる」ようになる。

車を運転できるようになった、一人で生活できるようになった、ブログを書けるようになった。

 

いつの間にか「相手にしてあげたく」なってくるんですね。

教えてあげる、連れて行ってあげる、聴いてあげる。

 

そうやってレベルは変化していきます。

誰かのブログを読んで、イライラしたり、もの申したくなるとき。

それは、読み手のレベルが高い証拠です。

 

相手の考えについて「それは違う」「こうなってほしい」というような気持ちがあるからでしょう。

 

ブログを読んで「感動した」というようなことは、レベルでいうと最初のレベル。

「感動を与えてもらって嬉しかった」ということ。

 

相手が幸せになってほしいと願うから、言いたいこともたくさん出てくる。

そうしたらね、それをもうちょっとハイレベルなアドバイスに変えてあげればいいのにな。

その一言で相手が幸せになるかもしれないのに。

 

僕が人を幸せにできるとしたら、他の皆さんだってできるんですよね。

だから、もうちょっと落ち着いて。

相手を幸せにしてあげる「幸せ」を感じてみませんか。

 

幸せが足りていないなぁと思う人は、スズキまでご連絡ください。

いっぱい幸せをお届けします。

ではでは。

 

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII