読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

目で見ることで伝わる情報量が格段に違う。華厳の滝で思うこと。

こんばんわ、スズキです。

栃木県日光市に行きました。

後輩が宇都宮にいるので、観光案内をしてもらったんです。

後輩の友人、栃木県出身のその友人に言わせると、日光に行くなら「東照宮」よりも「華厳の滝」が良い。

とのことで、後輩に案内してもらいました。

 

 

 

 

巌頭之感(がんとうのかん)

悠々たる哉天壤、
遼々たる哉古今、
五尺の小躯を以て此大をはからむとす、
ホレーショの哲學竟(つい)に何等のオーソリチィーを價するものぞ、
萬有の眞相は唯だ一言にして悉す、曰く「不可解」。
我この恨を懐いて煩悶、終に死を決するに至る。
既に巌頭に立つに及んで、
胸中何等の不安あるなし。
始めて知る、
大なる悲觀は大なる樂觀に一致するを。

 

これは、1903年、優秀な学生であった藤村操が、この華厳の滝で自殺した際に遺書として残したものだ。

 

 

高校時代に出会う

僕が高校生の時、この話を学校で教わった。

国語の授業だということまでは覚えているが、どんな話の流れかは覚えていない。

ただ高校生の時に「自殺」というものについて、深く考えさせられるキッカケとなったのだ。

もう一人は、円谷幸吉の自殺。

 

僕の中では、なぜか深く刻まれている。

 

 

栃木県に行くことになった

 昨日の記事でも、冒頭にも書いたが栃木県に行くことになった。

hatena.aco-gale.com

そこで、華厳の滝に連れて行ってもらう。

特に予習などもせず、僕の中では「藤村操」のことしか知らない。

それも「華厳の滝で投身自殺をした」ということ、そのあとに多くの人が自殺を図ったということ、自殺の名所になったこと。

それくらいしか知らない。

 

もっと言えば、日光がどこらへんにあって、華厳の滝がどこらへんにあるのかも知らなかった。

 

が、せっかく栃木県に行くので、見てみたい気持ちでいっぱいだったのだ。

 

 

でかい、でかい、言葉が出ない

僕の勝手な想像だが、投身自殺をするくらいの滝だと思っていた。

それは、どちらかと言えば小さめの滝だと思っていた。

自分の範囲の中で、普通のサイズだと思っていた。

 

f:id:acogale:20160910223506j:plain

 

が、でかい、すごく大きい、大きすぎて言葉が出ない。

落差97m、25階~30階建てのビルと同じ高さだ。

想像もできなかったが、すごく大きかった。

 

それと同時に、そんなところに投身自殺をしてしまうなんてと、当時15歳の少年のことを考えてしまった。

 

 

頭の中で勝手に想像されていたストーリー

僕の頭の中では、勝手にサイズが決まっていて、勝手に自殺するときの心境が決まっていて、キレイなストーリーができていた。

滝での投身自殺はこんなものだろう、と勝手に決めていたのだ。

 

ただ、それを実際に見ることで、生で見ることによって、大きく心を動かされたのだ。

また、その気付きを与えるために、僕を華厳の滝へ導いてくれたのだろう。

 

 

百聞は一見にしかず

とどのつまり、これにつきる。

ちゃんと見ろ、ということ。

机上の空論、想像で考えているだけ。

なんていう、そのものが本物と思ってはいけない。

 

目で見ることで、肌で感じることで、情報量は大きく変わってくる。

その全身で取り入れた情報が、僕の中での本物の情報になるのだ。

 

インターネットで調べただけ、図鑑で読んだだけ。

そういった知識を100%としないで、実体験に基づく気持ちを大事にしていきたいと思う。

 

 

 

藤村操の手紙 華厳の滝に眠る16歳のメッセージ

藤村操の手紙 華厳の滝に眠る16歳のメッセージ

 
検証藤村操―華厳の滝投身自殺事件

検証藤村操―華厳の滝投身自殺事件