読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

人生の質を上げるアウトプットの場

基本的に僕はナルシストであるからして

(旧)雑記

言いたいことはそれだけ。

俺ってスゴいやろ!!!って言いたい。
 
スゴいところがどこかと聞かれると困るが、スゴいやつだぜ。
どちらかというとそう思うようにしている。
だって、卑屈になったってしょうがないと思っているから。
 
平たく言えば、僕は面倒くさいやつだ。
面倒くさがりなのではなく、面倒なやつなのだ。
 
いろんな自分がいるから、それを上手くコントロールするのが難しくてね。
一つは色々と考えてしまうこと。
 もう一つは勢いでいってしまうこと。
両極端だけれど、どちらに振れることもあるから、こりゃまた大変なわけで。
 
 
さて、話はナルシストに戻るわけだが。
つまり僕は自分が好きだということ。
なんかさ、自信を持たないとやっていけないんだよ。
だって、周りにはスゴい人がたくさんいるから。
 
手先が器用な人、言葉を巧みに操る人、運動神経が優れている人。
本当に、周りにはすごい人がいっぱいいる。
ブログにしたって、PVをどんどん稼いでいる人もいれば、写真がとてもきれいな人もいる。
 
いやー、そんな中で、僕はいつも挫折しそうなわけです。
心折れちまうよ。
どこかに劣等感の固まりがあるんだろうね。
それを打ち砕くためのモノが、ナルシスト性だったわけで。
 
自分大好きになれば、どこかで運がついてくるんだろうなぁとか。
明るく陽気に振る舞っていれば、他の人を笑顔にできるのかなぁと。
そんなことを考えていたら、自分大好きで突っ走らないと難しかった。
 
僕にそんなことできるわけない、と思った時点でおしまいなんです。
やらないうちに決めるのはやめにしよう。
自分はどこまでもできるヤツだと信じて、愚直に、地道に努力するわけです。
 
そういったわけで、僕はナルシストなのだが。
カッコいいとかではなく、自分が大好きってことで。
なんでもできるような気がするんですよ。
俺、天才かもって思うんですよ。
 
ただ、その気持ちだけで突っ走らないようにしないといけないけれど。
もちろん足下を固めてからってのは分かっているけれど。
気持ちだけでも、スーパースターになりたいわけです。
 
ムフフフと妄想しながら、俺ってやっぱすげーなーって想いながら。
いつの間にかできるようになっていたりすることも。
思ったよりも調子のいいこともあるんですよね。
 
ちょっと前ならこんなこと、想いもしなかったけど。
いつの間にかナルシストスズキになっていったわけであります。
そうするとね、すこしずつ見える世界が変わってきます。
今まで見えなかったものが、自分の手の中にいたりしてね。
 
ナルシストで突っ走りたいと想う今日この頃でした。
 

 

【日めくり】 まいにち、ポジティヴ!  (ヨシモトブックス) ([実用品])

【日めくり】 まいにち、ポジティヴ! (ヨシモトブックス) ([実用品])