読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

ちょっと深呼吸でもしてみようか、イライラしすぎやで

(旧)雑記

こんばんわ、スズキです。

皆さま、いかがお過ごしですか。

 

暑い日が続くからなのか、お盆休み前で仕事が忙しいからなのか。

ちょっぴり界隈が荒れてるような気がします。

と思った僕がつぶやいていたんですけど。

ちょっと尖りすぎやでーみんな。

 

もうちょっと落ち着こうじゃないか。

たまには深呼吸でもしてね。

 

いろんな意見を知ることができるのは、すごくありがたいんだけれど。

その勢いが強すぎて、フラフラしてしまいそう。

みんな、それぞれが素晴らしい意見や考えをお持ちなのに。

 

そういった考えって、プラスとマイナスと両方からできているから、対立するのもぶつかり合うのも当然なんだけれど。

「○○がいい」という人と「○○は悪い」という人と、その両人がいてもいいじゃないのだろうか。

ちゃんと正面からぶつかり合ったら、良いものが生まれる気がするんだよ。

 

これは高校の先生が言っていたから間違いない。

世の中のものは、両端のものが合わさってできる。

どちらかに偏っていたら、それはいいものではなくなる。

どこかで歪みがでてくるぞ。

と。

男と女がいるから子供が出来たり、なぁんて話をしてもらったような。

 

だから、色んな意見があることはすごくいいことなので、それを上手く交流させたいんだ!!

なんでもシャットアウトしたらいかんよ。

そんな表面的なモノだけでは分からないことが、人間たくさんあるんだから。

深呼吸をして落ち着きましょう。

 

僕自身も色々な意見の渦に巻き込まれて、その中でも自分の存在を維持したいから色々言うけどね。

まぁ、こうやって色々言うんだけれど、押し売りをするのは良くない!!

意見が並立してもいいじゃない。

 

という話をすると、鈴木先生という漫画/ドラマ/映画がオススメです。

ちょっと際どい内容なので、ご家族ではなく一人で見ることをオススメしますが。

 

鈴木先生 (1) (ACTION COMICS)

鈴木先生 (1) (ACTION COMICS)

 

 

僕はこの作品で、少し考え方や周りとの関係性を見直すことができました。

意見が並立すること、どちらも良いこと。

そういった考え方を持つことができたから。

amazonビデオでも見ることができるカモ。

お金と時間に余裕のある方、是非一度、鈴木先生に触れてみてください。

 

かの有名な詩人「金子みすゞ」のこんな作品があります。

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが
飛べる小鳥は私のやうに、
地面を速くは走れない。
私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のやうに
たくさんな唄は知らないよ。
鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

「私と小鳥と鈴と」 金子みすゞ

 

みんなの違った意見、それをそのまま大事にしたい。

だからこそ、勢いに任せて刺々しく「意見」を使ってしまってはもったいない。

 

もっとみんなの話が聞きたいんですよ。

もっと色んな刺激が欲しいから。

そんなにイライラしないでさ、

ちょっと深呼吸でもしてみようか。