読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

その一人の気持ちも、頭の片隅に。常識を振りかざすな。

こんばんわ、スズキです。

学生の方、会社員の方、フリーランスの方、それぞれいらっしゃると思いますが。

その昔、僕はホテルマンをやっていました。

 

ホテルマンは宿泊勤務というものがあります。

15時頃に出勤し、夜は仮眠をしながら次の日の10時頃に帰宅。

これで2日分の出勤になるので、プライベートの時間は割とエンジョイしていましたね。

そんなホテルまでは電車通勤。

地下鉄に乗って15分ほど、毎日電車に揺られていたわけです。

通勤ラッシュとは無縁の時間にガタゴトガタゴトと。

 

ある日、上司からこんなことを聞かれました。

「君は電車で通勤しているのか??」

スタッフの中には自転車で通っていたり、徒歩のスタッフもいたので、僕は不思議に思わず「そうです、電車ですよ」と答えたんですよね。

そうすると上司の顔が曇るわけです。

こんな話をしてくれました。

 

別に君が悪いわけじゃない。

何も悪いことをしていないけれど、僕の気持ちが落ち着かなくてね。

僕がそのカバンを電車で見かけると怖いんだよ。

知っての通り僕は足が悪いだろ。

ちょうどカバンが当たるんだよ、だから怖くて怖くてね。

そんなことを思い出しただけでね。

 

こんなことを言われた。

 

当時僕はアタッシェケースを持っていた。

泊まり勤務だったから替えのワイシャツを持っていたから。

シワになるのが嫌でアタッシェケースに入れて通勤していた。

たまたまその様子を見られていたというわけだ。

 

別にトゲトゲしているわけでもなく、どちらかというと角は丸く落ち着いた形のアタッシェケースだった。

ただ、それを良く思わない人がいたわけだ。

 

「別に常識の範囲ですけど何か」とでも言ってやろうかと思ったけど、そこは大人の対応。

「そういうことを思われる方もいらっしゃるんですね」と。

 

その後に上司がこう付け加える。

君は悪くない。

けれども、そう思う人がいることを頭の片隅に覚えていてほしい。

ホテルマンとして、接客業としてのアドバイスだと感じてもらえれば。

と。

 

100%、全員から受け入れられるというわけではなく「そうじゃない人もいるから」

ということを、教えてくれたというわけだ。

 

僕がもし、アタッシェケースが苦手な人がいるということに気付いていたら、立ち居振る舞いが違ったのだろう。

普通のカバンのように、ぶつかっても平気な様子で通勤していたのだろう。

だからこそ「そうじゃないんだぞ」ということを教えてくれたのだ。

 

自分にとっては気にならないことかもしれないが、様々な理由でそれを怖がる人がいる。

よくいうところの常識の範囲内だとしても、受け入れてもらえないこともあるということ。

 

もっと周りの人への気遣いを、周りの人への気持ちを持つべきなんだろうなぁと反省した。

 

7~8年ほど前の話だが、僕には衝撃すぎてね。

だって、アタッシェケースで通勤してたら「ちょっと、、、、」と言われるんですよ。

でもね、ホテルマンとして、気遣いができる人としての為の助言だったんだなぁと。

 

そのコトが常識の範囲だとしても、それが当然だとしても、それを盾に言い争うのはやめようと思った。

 

 

コクヨ  ビジネスバッグ アタッシュケース 軽量タイプ B4 カハ-B4B22D

コクヨ ビジネスバッグ アタッシュケース 軽量タイプ B4 カハ-B4B22D