読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

理由、今ブログを書き続ける理由。

(旧)雑記

ブログの書き方

なぜブログを書いているのか、
これはいつも僕がぶつかる悩み。
それはブログに限らず、生活の中でよく悩んでしまう。
 
なぜなのか。
理由を求めてしまう。
何も理由がなければ、それがとても不安に思えてしまう。
 
不安に思うことはストレスだ。
不安に思った時、そのままでは落ち着かない。
なんとかしなきゃ、どうにかしなきゃ。
そんな風に考えてしまう。
 
別にそれをやらなくたって、大きな失敗にならないときもある。
やったからといって、大きく変わらないときもある。
 
後悔しない為にやる。
ただ、やることが負担であれば、それこそ後悔のきっかけになるかもしれない。
判断は難しい。
 
読んで頂いている皆さまの反応でいうなら、僕がほどほどの気分で書いた記事の反応がいいのだ。
あんまり肩肘を張らずに、ほどほどの感覚がよいのだろうか。
 
真剣に読む人、さらっと流す人、いろんな人がいるだろう。
その人にちょうど合うような記事が書ければいいけれど、皆さんそれぞれにマッチするものは少ない。
 
それであれば、僕自身が書きやすいものを選ぶのも一つだろう。
そうすれば量に挑戦することができる。
普段のまま、どんどん書いていけばよいのだから。
 
普段のまま書くことによって、いいこともある。
マイナス思考になりづらいこと。
 
できれば、読んで頂いている方には、元気になってほしい。
僕の「人生の軸」は、周りの人が笑顔になってくれること。
だから、その軸に沿って考えると、僕のブログを読んでくれた人が笑顔になってくれるような内容。
できるだけ前向きなもの、楽しいものをお伝えできればと思う。
 
今日は会社で飲み会があったのです。
お疲れ様+キックオフ+ありがとうの会です。
いろんな人と絡めたし、色んな話ができた。
それは、ブログやツイッターでネタを作っていたからだろう。
 
わざわざ会社の人には公表していないので、ブログの存在を知らない人が多い。
だから「そういえばあの記事を書いた」という記憶から、僕なりのネタができるわけだ。
これは、オピニオンブログを書く人の特権だろう。
どこに行っても、自分のネタがいくつかある。
ブログを始めてよかったと思う瞬間であった。
 
ひょんなキッカケから始めたブログだが、実は人生において役立つことが多い。
  • 文章を上手くまとめようと思うようになった。
  • 仕事の資料も、ブログの書き方と同じような構成を考えたりできる。
  • 自分の考えがブログのおかげでまとまっている。
  • 自分を見つめ直す機会があるから、自己紹介がしやすい。

よく「ブログで稼ごう」と言うが、収益○○円というお金も嬉しいけれど、自分の実力がついてくるのも嬉しい。

文章を書くセミナーに行ったら5,000円かな、と思うなら、ブログでそれを考え、その力がつくならブログの収入5,000円だ。

 

それに、継続することや、外に飛び出していくことで身につく力。

いずれ大きなパワーになって、どんどん社会で役に立つだろう。

それは、大きな収入に結びつくのではないだろうか。

 

目先の収入は、もちろん嬉しい。

それと両輪で、長期的な自分作りから得られるもの、そういったものを大事にしていきたい。

 

31歳になって少し経つが、ようやく自分の足元が見えてきた気がする。

7月も宜しくお願いします。

 

理由 (朝日文庫)

理由 (朝日文庫)