読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

百聞は一見にしかず、百聞は一経験にしかず。聞いたところで理解できん。

(旧)他ブログ (旧)雑記

こんばんわ、スズキです。

 

百聞は一見にしかず

「百回聞くよりも、自分で一度見たことのほうが確か」ということ。

百聞は一経験にしかず、というのも同じような意味。

当事者である人が、どんなに頑張って説明しても、その説明がどれだけ上手くても、実体験や経験には勝てないということ。

 

 

「新型うつは甘え」なのか

数日前にこんな↓記事を読みました↓

www.sayulog.com

読みやすくて、フムフムと思ったけれど、最後の最後までしっかりと、1から10までちゃんと理解するのは難しい。

彼女が悪いわけではなく、僕自身にそういった経験が無いからだ。

 

 

そんなの「ただの甘えだ」と思ったこともある

「新型うつ」の話ではない。

立ちくらみで、駅で動けなくなった人。

「ベンチでちょっと休んでいたら治りますから」とか言うけどさ。

そんなの嘘だね、休んで良くなるわけがない、頑張りが足りないんだよ。

なぁんて思っていたことがありました。

10年くらい前のことでしょうか。

 

季節は夏前のちょうど今頃だったと思います。

職場へ向かっていた自分、9時半ごろに最寄り駅に着く電車に乗っていました。

最寄り駅に着いたとたん、動けなくなりました。

20歳そこそこの元気のいい青年だったけどね、本当に動けなくなることがある。

 

ちょっとメンタル的に疲れていたのでしょう。

頭では大丈夫と思っていても身体が動かなくて、1時間ほど駅のベンチにお世話になりました。

端っこのベンチだったから人も少なく、横になることができて。

途中、駅員さんに声をかけられたんです「大丈夫ですか??」って。

 

まさかと思ったけれど、「ベンチでちょっと休んでいたら治りますから」と自分が言っていた。

 

 

気圧に敏感アピールの問題

最近、ちょっと天候がすぐれないときがありますよね。

そんなときに「今日は気圧が低いから頭が痛い」とか言うヤツ、自分アピールかと思うんです。

そんなわけないし、ぶりっ子ちゃんですかねー、とか思ってしまうんです。

 

そんな僕はツイッターで

 こんなつぶやきをするわけです。

 

そんなデリケートじゃないけど「もしかしたら気圧のせいかも」って思ってしまいます。

 

 

体験しないと納得できない

ベンチで休むことも、気圧で頭が痛くなることも、理解できなかった。

適当な言い訳だし、かわいい子アピールくらいにしか思ってなかった。

 

ただ、自分が体験して「こんなこともあるんだなぁ」と考えが180度変わる。

自分で体験したことは、嘘じゃないから身を持って感じることができる。

それでも、やっぱりどこかに「嘘じゃないか」と思うこともあり、素直には受け入れられないこともある。

 

受け入れられないことを、受け入れられるようになることも成長なのかもしれない。

 

 

「新型うつ」に限らず。

体験していないこと、経験していないことを受け入れることは難しい。

それは子供のことだったり、家族のことだったり、病気のことだったり。

「お前も父親になったら分かるよ」「お前も大人になったら分かるさ」

 

そういうセリフにも表されるように、何かしらの体験を通じてじゃないと、なかなか理解できない。

どんなに上手に話しても、どんなにキレイな映像や、音楽や、匂いや、想いを使っても、経験に勝てるものは無い。

 

 

もっと経験していきたい

今の時代、情報がたくさん手に入る。

新幹線も飛行機もあるから、遠くにも行ける。

写真だけで満足しないで、目で見て、肌で感じて経験にしていきたい。

 

そういった経験から話すことは、少しくらいなら影響があるのかな。

またそれを聞いた人が「そんなわけないじゃん」と思って、目で見て、肌で感じてもらえれば、良いキッカケになりそうだ。

 

「おどりば」のサユ (id:SayuLog)さんのからは、考えることに対して良いキッカケをもらった。

少しでも理解できるような方向に頭を切り替えていければと思う。

 

 

「見る」とはどういうことか―脳と心の関係をさぐる (DOJIN選書 7)

「見る」とはどういうことか―脳と心の関係をさぐる (DOJIN選書 7)