読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

家に帰ってダラダラしないためにも、座らない。

(旧)雑記

やりたいこといっぱい

スズキです。

今日は家に帰ってやりたいことがいっぱいありました。

  • 燃えるゴミまとめ
  • シンクの掃除
  • お洗濯
  • 靴磨き
  • アイロンかける
  • 弁当の準備
  • もちろんブログを書く

などなど、まだまだやりたいこといっぱい。

 

そう思っていても、家に帰ったらダラダラしちゃう。

いつの間にか深夜番組が始まって、もう寝る時間。

 

 

シマッタ!!!!

と、結局に何もできないままに一日が終わってしまう。

そんな経験ありませんか???

 あるよ、それあるよ、よくあることです。

気付いたら寝る時間、こんなはずじゃなかったのに。

 

で、色々考えたんですよ、どうしたら「ちゃんとやる」か。

 

 

家に帰ったら座らない

単純なことでした。

家に帰って、一息つく。

お茶を一杯飲んだらやろう、このテレビ番組が終わったらやろう、タバコ一本吸ったらやろう。

結局やらんのです。

 

結論:一息つかないこと

 

 

どうすればいいか

家に帰ったら荷物をおろして、簡単に着替えて座らずに一息つかずにやるべきことをやろう。

「ブログを書く」ことは座ったほうがいいかもしれないけど。

 

とにかく座らずに一気にやる。

「家に着くまでが遠足です」じゃないけれどね

「家に着くまで座らない」ではなく「家に着いてやるべきことを終わらせるまで座らない」ことにしよう。

 

 

意外とこれが効きます

ただそれだけのことだけど、これが効果覿面。

そういえば仕事から帰ってきたお母さんは、休む間もなくご飯の支度をしたり、お風呂の準備をしたりと、「休む間もなく」やってたな。

やっと自分のご飯を食べるときになって「あーつかれた」と言っていた気がする。

座らないこと、とにかく一気にやることが一番です。

 

 

家のコトだけじゃない

例えば「ブログを書く」ということ。

これをやめるのは簡単で更新しなければいい。

それなりにブログに時間を割いてきた人なら、ちょっと気持ちが楽になるだろう。

 

「やっぱりもう一度ブログを書きたい」と思ったときがしんどい。

もう一度やり始める勇気が必要になる。

毎日書いていくのはちょっと負担になるわけです。

それから解放されたのに、またその負担に飛び込んでいくのはツラい。

 

そんなツラいことも習慣になってくると、どうってことないけどね。

 

 

「やり続ける」か「もう一度やり始める勇気を持つ」か

一度ゆっくりしてしまったら、楽チンな方を選んでしまったら、そこから抜け出すのはパワーがいること。

だから、勢いがあるままに「やり続け」たい。

家に帰ってやらなきゃいけないことがあるときは、そのまま突っ走りたい。

 

だから僕はすぐに座らない。

これ、なかなかいいぜ。

ではでは

 

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック (BEST OF BUSINESS)

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック (BEST OF BUSINESS)

  • 作者: メリル・E・ダグラス,ドナ・N・ダグラス,川勝久
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2012/01/13
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る