読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

人と「会う」コトで幸せになれる

(旧)おもろん

こんばんわ、スズキです。

今日は「ブログを書いている人たちの集い」に参加してきた。
そのせいか、「ただ飲んでしゃべるだけ」というより頭のいい話がたくさんできたところは本当に感謝。
一歩も二歩も踏み込んだボールを投げてもらったり、自分を見直せた点、やっぱりこのままじゃダメと気付く点など、持ち帰ることのできるお土産がたくさんあって参加した甲斐があったなぁ。
 
それも、ここ数日で少し接点をもった人たちに出会えたので、僕にとっては追い風びゅんびゅん警報が出ているくらいです。
偶然ではなく必然なんだ!!!と強く思うことができましたね。
そんな素敵なメンバーに混じっているだけで、自分自身もすげー「できるヤツ」になった気がします。
 
 

与えられた環境に染まるな、染まりたい色に染まれ

組織というもの、それが学校であれ会社であれ、もっと小さなサークル活動や友人との集まりなど、周りの空気や取り組むことなどに染まっていってしまいがち。
「類は友を呼ぶ」とはよく言ったものです。
併せて考えなければいけないのは、「友は類になる」ということ。
自分が本来目指そうとしていないコミュニティに属してしまうと、想像とは違った方向へ進んでいってしまう。
だからこそ「自分」についてもっと知っていくことが、これまで以上に必要ということ。
 
今日のメンバーは変わり者ばかりでしたが、どこかに「自分」を持っていて、「自分の意見」を持っていて、
それを恥ずかしがらずに「発信」できる人ばかり。
尖った強めの意見を浴びせられながら、こんな風になりたいなぁと感じることができた。
こういった刺激をもらったら、see-think-plan-doを回してみたいと思う。
現状把握、問題点の洗い出し、やること作り、やってみる!!
これで、少しずつ自分を変えていこう
 
 

でもその刺激ってどこから

どこからと言えば、やっぱり面と向かって話をすること。
一番重要なのはソレに尽きる。
どんなにテレビ電話が進化しても、どんなにVRが進化してあたかも目の前にいるように感じても、会わないとダメ。
会わないと深層心理の部分まで理解できないです。
 
 

なぜ会わないといけないのか

それは会うことが不自由だから。
人と会うのって面倒じゃないか。
身だしなみを整えて、その場所まで行って、面白くもない話だとしても最後まで聞かなきゃいけない。
途中で帰りたいと思っても、なかなか言い出し辛いんですよ。
「あんたの話、つまんないから帰るね」なんてね。
 
お互いの予定もしっかり合わせないといけないから、電車の時間とかその人のスケジュールとか、考えることがたくさんあって面倒だ。
電話だったらいいじゃない、寝癖がついていようと、パンツで部屋をウロウロしていようと。
ちょっとレベルが上がってテレビ電話になったら、見た目には気を使うけど終電とか関係ないね。
最近では、LINEなんて便利なモノがあるけど、もっとお互いが自由になれるからめっちゃ便利。
電車の中でもトイレの中でも、バレることなくコミュニケーションがとれます。
 
ただね、そうやって文明の力を使うことはいいけれども、そればかりに頼っていたらいかんよ。
 
 

会うことで色々と面倒だからこそ

あの人に会ったらコレを伝えたい、あの人に会うならコレを持って行ってあげよう。
なんて思うことは自然なことではないだろうか。
 
自分が会いたい人であれば、ワクワクドキドキするもの。
「面倒だ」と思うのは、会いたくない人なのか、その人の魅力に気付いていないだけのこと。
相手は、もしかしたらあなたに「何か」を伝えてくれるかもしれない。
そういった材料を実はちゃんと用意しているかもしれない、ということです。
 
面倒なことをこなしていくからこそ生まれるべきモノがあります。
ひと手間、ふた手間と、手間をかけるからこそ生まれるべきモノがあります。
そういった相手の心遣いを全身全霊で受け止めていたら、絶対に「何か」が変わるんです。
 
その面倒なコトの一つが「人と会う」ということ。
 
 

もっと人と会うべき

性格や考え方が合う人、合わない人がいるけれど、どちらも大事な「人」
合う人からは同じ意見の目線から想像力がもらえるし、合わない人からは自分では気付かなかった別のテーマがもらえる。
だからこそ、どちらの意見も自分を成長させてくれるということ。
もっと色んな人に会い、様々な意見を聞いて、自分の中での答え合わせや軌道修正をすればいい。
 
 

つまり「百聞は一見にしかず」

見ているだけでは、聞いているだけではダメ。
実際に見に行かないと。
 
もちろん見るだけではなくて、五感をフルに使って吸収してほしい。
それも1回だけではもったいないね。
 
自分は日々成長しているわけです。
昨日言われてなんとも思わなかったことも、今日言われたら心に響くかもしれない。
同じ話だろうと、受け手のレベルで感じるパワーは違うもの。
だからこそ、機会があればどんどん見に行って、会いに行って、どんどん感じてほしいものです。
 
これからも人と会い続けようと決めた。
僕の周りには素敵な人ばかりだから。
 
人と会うと明日が変わる

人と会うと明日が変わる