読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

ブログとは、借地権付き一戸建てだ

(旧)おもろん (旧)揚げ足

驚き 桃の木 山椒の木

 

どこかで、Yahoo!チャットが無くなってる。

という記事を書いた気がするし、そうでない気もする。

 

チャットサービス激減ですよね。いつの間にか。

僕のネット文化はチャットから始まっているので、

しかもYahoo!チャットだよ。それが無くなっていくのも

時代の変化というか、輪廻転生というか。

 

チャットルームで仲良くなった人とは、今でも続いていたり、

それが、メッセンジャーからLINEにツールが変わったりしてますけど。

 

チャットは立ち飲み居酒屋だ!!

 

でもね、不特定多数の人と話ができるってことが、

僕には心地よかったし、ネットマナーとかについても教えてもらえたし

色んな人の聞きたくない意見や考え方も学べたと思っております。

 

面倒なおっちゃんもいたし、へんてこなお姉ちゃんもいたよ

でも、そういった場にいたことで、バランスの取り方は学べたね

それに文字だけだから、全くもって相手に伝わらないんですよ

「その本当のところ」ってのが、

そういったことで、ぶつかり合ったり、揉めたり色々ありましたね。

15年くらい前のことですけどねー。

 

クイックレスポンスに助けられる

でも良かったのは、すぐにリアクションがあるところ

「今の発言はダメ」とか、「それはこういう意味だ」とか

その時に意見を言われたり、注意されたり、謝ることもできたし

その場限りの楽しみ方。という意味でも、記録もないから

揚げ足取りのようなこともなかった。

うまくその場で消化できた感じ。

 

みんなプリプリ怒りすぎ

 

というわけで何が言いたいかというと、

最近の人は、プリプリ怒りすぎなんです。

ネガティブコメントで怒ったり、揚げ足取られて怒ったり。

ネタを書いている時から時間がたっているので、

そんな気分じゃないんですよ。

 

でもね、コメントの内容に一直線なんでしょうね。

そういう考え方もあるかなぁ程度に思っておかないと。

 

借地権付き一戸建て

 

ブログを書いているので、ブログに焦点を当ててみますが、

チャットと、ブログやFacebook、mixiなどの違うところ

それはマイページがあるか、ないか。ということだと思います。

チャットの場合は、ルームに入室しに行くわけです。

いわゆる借り物の中で、立ち飲み屋の中で情報発信しに行くわけです。

 

でも、マイページがあるようなブログなんかは、

アクセスする側としては、数あるブログの1つに過ぎないけれども

オーナー側としてみれば、「オレのブログ」という意識が強いですよね。

というわけで、チャット「立ち飲み居酒屋」と名付けましたが、

ブログは「借地権付き一戸建て」としてみます。

 

オープン過ぎるホームパーティー

毎日ブログを更新することは、毎日ホームパーティーをしている

という認識でいます。

そこに、いろんな人がやってくるわけですよね。

会員制でない場合は、誰でもどうぞどうぞ状態です。

だから、いろんな考えを持つ人、いろんな思いの人がきます。

 

その人のコメントを1つ1つ気にしていたら、鬱になってしまいそう。

そういう考え方の人もいるんだなぁ。程度でないとね。

ネガティブ意見には、筋の通ったものが多い気がします。

どちらも正論。ということが多いです。

 

並立する考え方

 

どんな考え方があってもいいと思う。何も1つでなくてもね。

それを受け入れることのできる器を作っていきましょう。

ネガティブコメントだけが、コメ欄にあったとしても

それはそれで、書いてくれたことに感謝です。

そういう人もいるんだ。と、そういう考え方もあるんだと。

そういったものを排除していくと、

致命的なミスに気がつかなくなってしまいます。

 

言い合うことの大事さ

情報発信している人の考え、それに反論する人
言い合いをして、お互いの考えや言いたいことの本質が
お互い理解できているか、そういった確認は必要だし

それに対しての自分の考えを提示することも
議論をしていく上では重要なこと。

ただ、一方的な気持ちになりすぎて、
周囲の意見を聞かないのは、エゴでありお子様だと思う。

ブログという仕組みでは、クイックレスポンスにならないし
コメ欄で言い合うと邪魔者扱いみたいな存在で
有意義な話し合いにはならないと思うけれども。
そういったところに拘って、意見を噛み砕いていければと。

楽しく読ませてもらっているブログはたくさんあります。
その楽しさを、より深くする為にも、中身を噛み砕く為にも
もっともっと積極的に踏み込んでいければと。
またこれで、見聞が広がりそうでワクワクします。
ではでは。