読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

HB2U お誕生日おめでとう。本当におめでたい??

(旧)揚げ足 (旧)言葉

おはようございます。すずきです。今朝も寒い(いつも通り

 

昨日は友人の30才の誕生日でした。

ケーキを片手にお祝いに行ってきたわけですが、

無事に30才になりました。といった感じですかね。

 

僕は10ヶ月程前に30才になったけど、

29と30ってのは、別に何が変わるわけじゃないね。

ただ、アンケートとか書く時に、

「20代」に丸を付けていたのが「30代」に丸を付けるようになった。

それ以外、今のところ大きな変化は無い。

 

飲食店をやっている友人だから、行くんだけれど

ご飯も美味しく、素敵なひとときを過ごすことができましたよ。

f:id:acogale:20160210082157j:plain

 

しかしアレですな。誕生日って何。みたいな感じです。

その友人が、どうこうじゃなくてね、

自分の中で、誕生日くらいは、、、とかそういう気持ちになっていることが

自分の中で、うまく消化できていない感じ。

 

僕は、誕生日と、年賀状があまり好きでは無いんです。

最近ではめっきり接点が無い人なら特にですけど、

 

とりあえず誕生日を祝っておけば、

とりあえず年賀状でも送っておけば、

みたいなとこで、手軽に関係を維持しようとしているところがね。

 

そりゃもちろん、どちらも嬉しいですよ。

毎年、毎年、連絡をくれる人もいるので、

それはそれで、嬉しさと安心感と、よかったなぁ

って思うんですけどね、

 

色々な物事の考え方には、その考え方のベースというか、

育ってきた環境みたいな、その場のメインの話題じゃないけれども

そのコトにつながりのある別の考え方が、重要だったりするわけです。

 

誕生日を祝ってくれた。という事実も、

誕生日も祝ってくれた と、 誕生日だけ祝ってくれた

とでは、僕の中では大きく違うのであります。

細かく言うと、毎年なのか、どうやって祝ったのか、

実際に会ったのか、メールだったりするのかとか、

その人との付き合いや、関係性とかとかとか。

 

でも、そういったことって、普段の会話の中では、

聞かないし、そこまでズケズケと立ち入ることも無いし。

特に話し方が下手だと、そういった細かな情報を得ようとすると

刑事の尋問のようになってしまうわけで。

 

そういった部分の情報は、自分の経験や常識といわれるものから

ある程度、勝手に補完するわけであります。

その補完する経験、常識は、もちろんみんな違うわけで

でも、それを当たり前のように、当然のことのように

同じ認識でいる。と錯覚してしまうんですよ。

 

当たり前のことが、当たり前じゃなくて、

常識だと思っていることが、そうでない。という認識。

そして、日本語で伝えるとするなら、その日本語の持っている

小さな小さな情報、というか、深いところにある意味までとらえて

発信しなければらならいし、同じ気持ちで受け取らないといけないと考えます。

 

そうは言いながらも、僕は思ったことを、比較的早めにアウトプットするので、

じっくり考える前に言ってしまって、悩むこともあるし、

じっくり考える前に投稿してしまって、ヘコむこともありますが。

 

的確なワードで相手に伝えるか、自分のワールドに引きずり込むのか、

意見や考えの共有には、努力とテクニックが必要ですよね。

書いていることを見直しながらも、

多くの人に情報を発信したいし、意見が欲しいと感じます。

 

言葉足らずで怒りをかうかもしれませんが、

瞬間湯沸し器のように、プリプリ怒らないで、

もう少しだけ暖かい心で見守っていただければと。

ではでは。