読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

【エッセイ】俺ってスゴいだろ??の押し売りマン、やめませんか #小さな違和感

モヤモヤだらけの小さな違和感

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

そろそろ「スゴい自分」の押し売り、やめませんか。

オレ、こんなことできますよ。

オレ、こんなこと知ってますよ。

 

自分のアピールは必要だけど、その押し売りは早めにやめたほうがいいですよ。

 

 

「押し売りマン」の特徴

僕の勝手な分類ですが。

押し売りをする人の特徴

  1. 上から目線
  2. いい人止まりでお付き合いしようとは思わない
  3. 厚みが無い

 

1.上から目線

押し売りマンは、「オレの持ってる技術、知識を分けてあげてもいいよ」

というスタンス。

 

口癖は、「〇〇してあげるよ」「オレなら〇〇は知ってる」

相手と同じ目線に立てない問題。

提案するのではなく、押し付ける。

 

わざわざあなたにお願いしていないのに、横から割って入ってきて、上からモノを言う。

 

2.いい人止まりでお付き合いしようとは思わない

押し売りマンに人としての魅力はなく、その先の小さな技術、知識しか売るモノがない。

ソレさえ手に入ればいいから、その人である必要はない。

 

便利に使われて終わるだけ。

だけど、押し売りマンは勘違いする。

「オレって求められてるんだな、やっぱりオレってスゴいヤツなんだな」

 

代替手段があれば何でもいい、あなたにこだわっていない。

と、周りが思っていることに気付いたほうがいい。

 

 

3.厚みが無い

押し売りマンは、人としての厚みがない。

また、知識、技術もそれほどのレベルではない。

 

地区大会で入選した程度のレベル。

それを、いかにも優勝したかのように語る。

 

その違和感に気付く人は、押し売りマンに近寄らないけれども。

押し売りマンの近くにいる人、集まる人はレベルが落ちる印象が。

容姿、知性、どちらにしても、ちょっと残念。

 

 

スゴい人は、スゴいと気付かれない人

押し売りマンでいる以上、スゴい人にはなれない。

スゴい人というのは、気付かれないような人のこと。

 

無意識のうちに、相手の懐に飛び込める人なのだ。

 

例えば写真やデザインでの話。

一部の特殊なクリエイターを除いてだが。

その写真作品、デザインに、クリエイターの顔が浮かぶようでは、まだまだだという。

本来の目的、伝えたいものは、お前自身なのか? と。

 

その本当の目的を達成するための手段、その一つに過ぎない。

けれども、そこに惜しみない努力と技術がつぎ込まれる。

 

見えないところに、見えない力を注ぐ。

そこで、オレだオレだオレだ!! と主張しなくても、確かな自信と経験があるから。

 

 

結局のところ、自信がないだけ

押し売りマン、結局は自信がない。

だから、見せびらかすようなことをして、それに「スゴいスゴい」と言ってくれるような層の人にしかアプローチをしない。

 

自分から積極的に飛び込んでいかないよね。

結局は看板をぶら下げて待っているだけ。

「オレ、こんなことできるぜ」って。

 

相手からの反応待ちだから、自分の中で試行錯誤することもなく。

今の自分をそのまま受け入れてくれる人だけを選ぶ。

 

年齢を重ねるごとに、相手にされなくなっていくわけで。

早めに、積極性に気付いたほうがいいと思うよ。

 

 

看板を持って立っているだけの自分、そろそろやめませんか?

 

f:id:acogale:20170310050012j:plain

【仕事】女は男に勝てない、さっさと諦めること

言葉から学ぶビジネススタイル

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

先日、ある講演会での話。

 

登壇者は女性の方です。

男性社会という考え方が多い業界で活躍されている。

 

その中で言われたことは「女は男に勝てない」ということ。

 

 

寿司屋の話

色々な業界があるなかで、男性、女性と強く線引きされている業界はまだまだある。

「美味しんぼ」という漫画の中でも、似たようなことは描かれていた。

 

「女の華」という話だ。

「男の職人には絶対負けないんだ」という寿司職人の夏子。

そこへ歌舞伎俳優の若手実力者 市橋菊蔵と女形の名優 吉川清右衛門がやってくる。


夏子を見て、菊蔵は帰る、という。「女の握った寿司は生臭くて、気持ちが悪い。料理人の世界は男の世界なんだ」とのことだ。

 

 

男性、女性という考え方

そんな菊蔵の言葉を聞いて、清右衛門が「あんたの母親は料理を作ってくれなかったんですか」などと、ツッコミが入る。

 

男まさりな寿司を握ろうとする夏子にも、清右衛門はこう言うのだ。

「私は歌舞伎の女形です。だが私は本物の女より女の魅力を表現できる自信があります。あなたは私と正反対の男の姿をしている。しかし男の醜さしか感じない。荒々しくて、粗野で、攻撃的で、無神経。この店ではとても寿司を味わうことはできません」

 



男らしさ、女らしさ

男らしさ、女らしさと言うと、差別だ!! と言われることがある。

それはさておき。

 

男ってのは、パワフルなで力強いイメージがある。

逆に女ってのは、しなやかで優しいイメージがある。

 

差別ではなく、僕の勝手な印象だが。

 

 

 

女は男に勝てない

さて、冒頭の話。

「女は男に勝てない」ということ。

講演してくださった方、下積みをしながら、ある会社に転職をした。

そこには大ベテランの技術をもった人、一流と呼ばれる人がいた。

 

その人に勝とうと思っても、同じだけの技術を身に着けようと思っても。

力でも、体力でも勝てないのだ。

無理をしても、自分が壊れてしまうだけで、全く歯が立たなかった。

 

 

自分が勝てるフィールドで

彼女が思ったこと。

「自分の強み、自分らしさをもっと出せばいい」と。

 

女性ならではの気遣い、やさしさ、暖かさで切り込んでいく。

人と人をつなげるような、包み込むようなやりかた。

 

それは、彼女自身の特技でもあったし、女性としての優位なポイントでもあった。

 

 

しっかりと今の自分を見ること

自分にしかできないこと、ニッチな市場。

その場では強いパワーを持つ。

 

万人受けしないかもしれないが、だからこそ自分らしさがでる。

勝負に挑みに行っても負ける。

なら、自分で戦うフィールドを作ろう。

 

 

ナルシスト+悲劇のヒロイン

女だから~~~と言いながら闇雲に戦う。

現実をしっかり見つめないと、負けるだけ。

負けて負けて、そんな自分が好きで好きでしょうがなくなる。

 

そういう感覚じゃなくてさ、お互いがお互いを認め合える場所を用意しようよ。

 

 

お互いを認め合うこと、みんな違ってみんないい

競合して高めあっていくことも大事かもしれない。

すきま産業を狙ってもいい。

ごちゃごちゃ文句を言うだけにはなりたくないもの。

 

時には諦めが必要で、諦めたら次に進んでいけばいいだけ。

肩ひじ張って、あたしが、あたしが、とならなくても。

ちゃんとみんなが見ていてくれるから。

 

負けるときは、さっさと負けておけばいいこと。

損して得とれ。

そんな感じではないのだろうか。

 

もちろん「男は女に勝てない」こともたくさんあるのだから。

 

 

追記

--2017/03/11 10:15追記--
かんどー様の「接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!」

女は男に勝てないから、人と人をつないだり気配りしなさいという呪い

にて、言及頂きました。

 

僕自身の言葉が足りなかった部分、最近調子に乗っていい気になっていた部分。

そういったものが露呈した記事になっていたのかと思います。

改めて、記事にするときの言葉選び、伝わることの重要性、地に足のついた記事を書くこと、を考えることができました。

言及頂き、ありがとうございました。

 

f:id:acogale:20161228102405j:plain

【飲み屋話】イベントで内輪ネタ、やめませんか

今日の飲み屋話

こんにちは、スズキです。

今日の飲み屋話。

先日、こんな話を飲み屋でしていたことを思い出します。

 

内輪ネタってつまらんよね

内輪ネタで盛り上がっている話。

それって、本当につまらない。

 

ただ、閉鎖的なコミュニティの集まりならいいけれども。

例えば会社の飲み会、サークルの飲み会。

そういった場は内輪ネタばかりだろう。

そこでのネタならしょうがない。

 

僕が言いたいのは、一般の人を招いての「何か」ということ。

チラシ、ブログで集客をする。

それに「初めての人」いわゆる一見さんがくる。

それをウェルカムとしている場で、内輪ネタはよくない。

だってつまらないもの。

 

 

ライブに行った

そう思ったキッカケは、とあるライブでのできごと。

オープニング記念ライブ。

 

ギャラリーにて作品展が開催された初日。

絵はがき展のようなものだと思っていただければ。

 

その初日に、絵はがきを描いたクリエーターさんがライブをしてくれた。

別途料金がかかるのだが、それも告知してあったこと。

 

ライブでも、絵はがきでも、どちらが目的でもいいんだけれど。

初めて行った僕にとってはアウェイ感だらけだった。

 

 

常連さんが多い

その絵はがき展は、巡回展だった。

日本全国のギャラリーを転々として、ちょうど名古屋にきた。

九州の友人からの紹介で、足を運んだのだ。

僕は名古屋なので、その場に友人はいない。

 

10年になると聞いたその展示会。

もちろん常連さんがたくさんいることだろう。

あまりにも常連さん同士、パワーがあるので僕はアウェイだった。

 

 

アウェイ感

あぁ、これはライブでも絵はがき展でもないな。

と思った。

ままごとに付き合わされているんだな。と。

 

歌を歌ってくれた人、楽器を演奏してくれた人。

本当にそのレベルでいいのだろうか。

練習不足なのか、実力不足なのか、盛り上げベタなのか。

 

ど寒い空気が僕を包んでいた。

 

 

そうじゃないことも

別の話。

2週間ほど前、ジャイコナイトというのに行った。

 

ここも閉鎖的なコミュニティだと感じた。

知り合いだらけのような空間。

クラブにも行かない僕にとっては、ちょっと引いて見ていた。

 

主催者の人、大ベテランの人。

みんなが声を掛けてくれた。

「何で知ったのか」「どんな音楽が好きなのか」「一緒に踊ろうぜ」

 

そういう声をたくさんかけてもらった。

居心地がよかったよね、本当に。

存分に楽しめたというわけです。

 

 

受け身かどうかではなく

僕自身がもてなしてほしいわけでも、かまってほしいわけでもない。

ただ、最近初めて参加したイベント。

あまりにも差がありすぎてビックリした。

 

周囲の人たちを取り込んでくれる人、そうじゃない人。

定期的なイベント、場所に人が集まるかどうか。

 

それはコンテンツの内容だけじゃないと思う。

その周囲にいる、特にお客さんやファンにもそれが求められるのではないだろうか。

 

ファンを増やしたくないような閉鎖的なコミュニティでいいのなら。

別に常連さん同士で集っていればいい。

けれども、ファンを増やしたいのであれば、少しだけでもスペースを用意してあげてほしい。

 

 

そういう気持ちが全てにつながる

常連さんだから、、、、という気持ち。

どこかで手を抜いていませんか。

 

もちろん常連さんだからいつも以上に気合いを入れることもある。

が、そういう馴れ合いコミュニティであれば、常連さんだからと手を抜く。

 

真剣に、みんなが楽しめるようなコンテンツ。

気持ち一つで変わると思うんだけどね。

 

絵はがき展で2番目に歌ってくださった方。

ギターと歌に本気さを感じた。

別の人から、そのシンガーソングライターの話は聞いていたけど。

本当によい出会いだった。

 

イベントをすると、いい出会いもある。

だからこそ、その縁を大切にしてほしい。

 

周りの人をどんどんとりこめるように。

 

写真は ジャイコナイト にて

f:id:acogale:20170308183209j:image

【ブログ】段取り力がつくから、フリーランスの準備にはブログが最適

ブログ界隈に生きるということ

こんにちは、スズキです。
僕は会社員ブロガーです、趣味でブログを書いています。
ブログも、書き始めて1年ちょっと。
順調に続いています。

最近、よく読まれる記事があるんですね。

 

 

青春18きっぷの記事

昨年の夏、ブロガー(=ブログを書く人たち)の集まりに参加するのに、青春18きっぷを使いました。

JRの普通電車を格安で乗ることができるオトクなきっぷです。

 

名古屋から東京へ、名古屋から岡山へ。
その時の電車や、混雑具合を書いた記事をアップしました。

 

【青春18きっぷ】東海道線で名古屋から東京へ 2016年夏 - ちゃんとやれ!

【青春18きっぷ】中央線で名古屋から東京へ 2016夏 - ちゃんとやれ!

【青春18きっぷ】名古屋から岡山、倉敷へ 2016夏 - ちゃんとやれ!

 

それが昨年の夏。
7ヶ月経って、ようやく検索されるようになりました。
ちょうど青春18きっぷの季節、長期休暇の季節なので、特に読まれるのでしょう。

 

 

検索で引っかかるのは数ヶ月後

ブログ界隈でよく言われることがあります。
「すぐには検索で反映されない、数ヶ月はかかる」
と。

 

ということは、その情報がホットなときの数ヶ月前には記事を完成させておかなければいけない。
花火のことなら夏ではなく春に書いておかなければいけない。
運動会のことなら夏に、スキーのことは秋から準備しなければいけない。

その感覚に慣れるのが、ちょっと大変なんですね。

 


少し先を見る感覚

あまり少し先を見る機会がない。
「今晩のご飯は何にしようか」とか「この週末はどこに遊びに行こうか」
ということはあるけれど、それをもっと大きなビジョンで見ることが少ない。

 

日常生活においては、なかなかそういう機会がないのだ。
「お盆や年末に帰省するのに、いつから予約しようか。」
とか、
「海外旅行に行くから早めに準備しよう」
とか。

そういう日常からちょっと離れたところにしかないのだ。

 

 

仕事でも同じ

モノゴトを先回りして見ること。
それは仕事でも同じこと。
数年をかけて完成させるプロジェクトもある。

 

例えば、青春18きっぷ。
いつも素敵なポスターが掲出される。
青い海をバックに、雪景色を背景にローカル列車が走っている。

ということは、1年前にその素材を用意しておかなければならない。
また、ポスターのデザインを決めたり、キャッチコピーを決めたり。
それを印刷し、納品し、掲出する。

 

というと、準備にそれ相当の時間がかかるということ。
だから、先回りする思考をつけるのは、非常に大事なことなのだ。

段取りよくやらないといけないから。
「段取り力」が重要になってくる。

 


書きたいことを準備

検索される為の記事作りというのも大事だけれど、自分の伝えたいことを伝えるというのも大事。
○○を買いました!! ○○に行きました!!

それをブロガー目線で考えれば、起こったことを記事にしたいのだ。
遊びに行ったこと、新しく買ったこと、それを記事にする。


ということは、そのアイデアやネタが思いついた時点で、記事作りはスタートしている。


新しいモノを買ったレビュー記事であれば、
配達してもらった箱のままで写真を撮る
開けているところ、俗に「開封の儀」とか言われる
使ってみたところ
よいところ、きになるところ

それをどうやって記事にしようか考えながら、一つ一つの行動をすすめていく。


旅行に行ったときの記事であれば
駅の写真、切符の写真
その時の季節感や、名物、興味をひくネタ。
実際に体験したこと、感じたこと
開催場所や、入場料金、かかったコストなど。


あとから記事にするための準備がたくさんある。
ただの日記であればいいけれど、それを記事にしたいと思うなら。

いろんなコトを準備しているのだ。
もしかしたら、気付いていないだけかもしれないけど、頭の中ではしっかり準備している。

 

 

準備、根回し、段取り

やりたいことに対して、地道な努力や準備をする。
一人でできないことにはサポーターをお願いしたり、根回しをしたり。
全ては準備にかかっているということ。

 

適当に行った場所、何も考えずに買った物というのは、記事にしづらいもの。
冴えない写真や、熱くない気持ちが、薄く平たくノッペリとしているだけ。

書きたい気持ちがあるから、事前にしっかりと準備をする。

 

 

本気でブログを書きたい人

何が読まれるか、何をしたいのか、どれを伝えるか。
時期、タイミング、ネタ、構成。

そういったものを、どんどん考えてアイデアをカタチにしていく。
好きなことだけ書いている人もいるし、多くの人に伝えたいことを書く人がいる。

でも、多くの人が読むものって??


それってマーケティングの考え方じゃないだろうか。

売れるもの、客層、商圏、タイミング、時期。
そういったものをリサーチして、一番盛り上がるタイミングで売り出す。

 

ブログでも同じ考えだと思う。
それを本気でやっていくのなら。

 

 

 

フリーランスの練習台

僕はブロガーでフリーになることをオススメしているわけではない。

好きなこと、得意なことでフリーランスになればいい。

そんな中で、ブログの書き方、段取り、準備、周りとの協力。

そういったものに本気で取り組めるなら、それってフリーランスでやることと同じじゃないだろうか。
フリーランスに限らず、社会人として身につけておいても損はない技術だと思う。


また「ネットを使っている人」という制約はあるものの、知らない第三者に自分のマーケティング思考を試せる場があること。
それが成果となって出てくること。

フリーランスの練習台にはもってこいだと思うのだ。


さらに、ブロガーとのつながりがあれば「アイツはこのタイミングで、こんな記事を出してきた」と、他人の意見、思考を学ぶことができる。

そういう社会勉強という面でも「ブログ」という存在は楽しくて深いもの。

 

ヒットするネタを探し、それを伝えること。
嗅覚が鋭くなり、アンテナはビンビンになる。
言葉で表現すること、相手の心を動かせる技術。

そういった技術が学べる場じゃないのかなぁと。

少し限られた世界だけれど、マーケティングの考え方を鍛えるには。
低コストでイージーアクセスなブログをオススメしたい。

 

f:id:acogale:20170307153621j:image

【お金】青春18きっぷは庶民用じゃない、貴族のためにあるのさ

ミニマリストとマキシマリスト

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

旅行好きの方、特に電車移動が好きな方にはおなじみの「青春18きっぷ」

 

1日2,370円でJRの普通電車が乗り放題。

とってもお得だから、専門の本がでるくらいの人気で。

 

そんな僕も、名古屋から東京へ行ったり、岡山へ行ったり。

夏には大変お世話になりました。

 

hatena.aco-gale.com

hatena.aco-gale.com

 

さて、タイトルですが、青春18きっぷは庶民向けじゃない!!!ということです。

 

補償されない

青春18きっぷは、補償が無いんですね。

途中でとまったら、はいそれまでーー。

 

例えば名古屋あたりだと、名鉄電車という私鉄が走っています。

東海道線で運行障害があったりすると、名鉄に振り替え輸送をしてくれるんですが。

青春18きっぷはそういった特別な対応は無し。

 

足止めをくらったら、それで終わり。

んー困った困った、目的地変更かな。

f:id:acogale:20161026231439j:plain

 

臨機応変に

ということは、どうすればいいのか。

選択肢は2つ

  1. 予定のコースを変更する
  2. 青春18きっぷでの移動を諦める

それを判断しなきゃいけない。

 

多くの場合は、追加で費用がかかったりします。

急に何かトラブルが起こったとき、対処するのにはお金が必要になるんですね。

 

 

例えば、名古屋駅を5:39に、西向きに出発したとしたら。

23:32には熊本に付きます。

約950kmを18時間かけて移動します。

 

 f:id:acogale:20170306212642p:image

 

 あぁ、長い。

 

電車での乗り継ぎ時間が10分程度のところもあります。

万が一電車が遅れてしまったら。

 

途中で旅行を取りやめるか、新幹線や特急を使ってワープするか。

何かあったときに大変なんですよね。

f:id:acogale:20160828235417j:plain

 

 

訳アリ商品には資金が必要

まるとくきっぷは何かあったときが大変。

柔軟に予定を変更して、もしかしたら駅で野宿をして。

 

そういう行動力があればいいのだけれど、普通の旅行に置き換えてみると、ちょっと大変。

それが仲間と一緒だったりすると、考えがまとまらなかったりもする。

ホテルに泊まりたい、目的地に行きたい、やっぱり引き返そう。

 

その時に、解決できるのはお金だったりするのだ。

貧乏旅行ほど、何かのときのお金が必要ということ。

 

 

 

お金と時間

そんな保守的な、保険をかけたような考えをすることがあります。

でも、どんどん18きっぷで遊びにいけばいい。

悪いことをしているわけでも、間違ったことをしているわけでもない。

 

そうはいいながらも、電車が遅れたり止まっていて、帰ってこれなかった人もしっているけど。

お金も時間も余裕がある人が使うものなのでしょう。

 

 

もしくはちょっとした勇気

貴族みたいにお金や時間に余裕がある人ならいいけど、そうじゃない人。

そうじゃない人は、ちょっとした勇気をもって。

困ったときはどんどん色んな人に話しかけて、情報を仕入れるしかない。

 

泊まるところ、この先の行きかた。

 

せっかくのオトクなきっぷ、どんどん使いこなしてほしいものです。

 

blog.aco-gale.com

 

f:id:acogale:20161225181944j:plain