読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

僕の思いをぶつける場。真剣勝負。

格安○○とセルフ保険

雑記

こんにちは、スズキです。

夏のこの時期は青春18きっぷで遊びに行こう。
f:id:acogale:20160730134539j:image
どこまでもJRの普通/快速列車が乗り放題だ。
というわけで、今日は東京に向かっています。
 
何かをちょっと犠牲にすれば、コストを抑えて遊びに行くことができる。
例えば、青春18きっぷだったら、所要時間を犠牲にすれば名古屋から東京まで2,370円で行けるし、帰ってこれる。
そういうシステムがあることは、非常にありがたい話です。
例えばヒッチハイクで移動する人なら、交通費というものそのものがかからないかもしれない。
声をかける勇気や、知らない人と一緒にいることや、我慢したり、犠牲になることがあるでしょう。
 
そういった旅で必要なものは何か。
矛盾しているような話になると思うが、格安旅行で必要なのはお金ではないだろうか。
 
お金を掛けずに遊びに行く。
これが格安旅行の醍醐味であり、最大のメリットだと思う。
ただ「すべてが順調にいけば」という条件付きということを忘れてはいけない
「格安」には保険的なものが含まれていないから、一つ狂ってしまうと予定通りにいかなくなってしまう。
飛行機、新幹線の格安チケットにしても、予約変更ができないことが多い。
万が一、乗り継ぎに失敗したら。
定価のチケットを買ったり、宿を探したりしなければいけなくなる。
 
そのためには、やはりお金が必要だということだ。
 
お金以外にも機転が利くとか、知識を持っているとか、そういった要素も必要にはなるが。
 
 
格安○○というもの、それは予定通りにいくことが前提になっている。
その限られた条件の中で、その予定通りできることが、格安になるのだ。
 
保険的な部分、そして手間や知識的な部分、そういったものをカットするから、格安○○が成り立つのだろう。
併せて、利用者の我慢が必要になってくる。
その機能についての我慢だけでなく、それを利用しているという集団に属することの我慢。
 
高い料金を払えば、そういった層に属することになるが。
牛丼やさんとフォーマルなレストランで客層が違うのと同じことで、その集団の中にいて我慢できるかどうか、とういうことである。
 
安物買いの銭失いとは良く言ったもので、先人たちの知恵というのは素晴らしいものである。
格安○○の場合は「銭失いの可能性有り」くらいではあるが。
 
なぜ安いのか、どういった仕組みで安いのか、そういったことに対して吟味する必要がある。
また、それが大事なことであれば、自分自身で保険を用意しておく必要があるのだ。
 
本気で格安○○を使えば、随分と頭が良くなるであろう。
 

ブログは過去を振り返るためにあるもの。もっと未練タラタラでいたい。

雑記 過去モノ

こんばんわ、スズキです。

 

時々自分の中で考えてみます。

どうしてブログを書くのか。

 

情報発信したいという気持ち

人と人とのつながりができるという気持ち

マネタイズの一環だという気持ち

 

そういった気持ちがある中で、やっぱり僕は「過去にしがみつきたい」からという気持ちが大きい。

 

ブログそのものが過去の思い出になることもあれば、文字を書くということで懐かしい思い出を反芻するときもある。

そういえば、あの時はこんな自分だったなぁと。

こんなターニングポイントがあったなぁと。

 

その時の出来事を記事にするほかに、その思い出している気持ちを目印としておきたいというものもある。

そういった過去と繋がる「何か」があった日に、過去のことを書きたくなるのだ。

 

例えば数年ぶりに行った花火大会。

もちろんその「花火」のことを日記として記事に書くこともあれば、その「花火」から連想された過去の思い出を書くこともある。

 

 

僕が14歳のころ、中学2年生の頃、夏の合宿に参加した。

サッカーでも水泳でもなく「サマーサイエンススクール」だ。

日ごろから気にかけてくれていた中学の理科の先生が教えてくれた。

岐阜サマー・サイエンス・スクール in なかつがわ

その場で学んだこと、感じたことも大事だったが人とのつながりを教えてくれた最初の出来事だったと思う。

 

今までは自分が通っていた学校の人しか知らなかった僕が、地域を離れたコミュニティで、同年代の仲間ができたキッカケだった。

今となっては昔の思い出になってしまうが、僕にとっての素敵な一歩だったに違いない。

色々な人と「話す」ことを覚えたり、そういった仲間にちゃんと「連絡をとる」ことを教えてもらったり。

 

1999年、ちょうどパソコンが普及し始めたころ。

ようやくEメールでもという時代。

今みたいに手軽にLINEやSNSで繋がるなんてことは無かった。

そんなときに「手紙」というものを教えてもらい、手紙交換を始める。

僕が今でも出会った人に手紙を書き続けるのは、合宿で知り合った人のおかげ。

そうでなければ、手紙には縁の無い生活を送っていることだろう。

 

また、素敵な女の子に出会ったり、たくましい男の子と仲良くなったりと、感情を揺さぶられるようになったのもこの頃。

どこかで、自分の気持ちを整理しながら生きているのだと思うが、出会った人はみんな輝いていたよ。

 

サマーサイエンススクールという名の合宿だったが、人との交流が生まれた僕の第一歩だった。

人生のターニングポイントがいくつかあると自覚している。

このキッカケが本当に自分を変えてくれた、このキッカケが無ければ僕はダメだったかもしれない。

そういったキッカケの1つが、この「岐阜サマー・サイエンス・スクール」だったのだ。

 

なぜこんなことを思っているのかといえば、来週この2016年Ver.が始まる。

毎年、この季節になると思い出してしまう。

こんな素敵なことが、僕が中学2年生のときにあったんだと。

また一部講義は一般受講ができるので、受講してくるつもりだ。

 

過去の出来事を引きずる、そんなことで初心に返ることができる。

また良い経験だとしたら、自分自身が浄化されるような気持ちになるから。

 

ちなみに、1999年8月4日 講義2に書いてある感想文。

ここに「鈴木君」とは僕のことです。

 

 

墓参りはお盆前の夏のイベント

雑記 時事ネタ

こんばんわ、スズキです。

7月も終わりに近づき、お盆休みに近づいていますね。

皆さん、お盆には実家に帰ったり、旧友と遊んだりするのでしょうか。

中には「お墓参り」に行く方もいらっしゃるでしょう。

 

さて、どうして墓参りに行くのか、僕はよくわかりません。

そう言いながらも、今年は8月7日に墓参りに行く予定です。

ちゃんとスケジュール帳に書いてあります。

墓参りについて、勝手に考察してみました。

 

 

情景小物022 お墓A 現代風

情景小物022 お墓A 現代風

 

 

 

僕が墓参りに行くようになったのは、幼稚園児のころからだ。

自宅より車で2時間ほど離れたところに墓があった。

何が目的で墓参りに行くなんて、そのころは考えもしなかった。

両親に「出掛けるから着いてきなさい」と言われ、とりあえず着いていった。

どこにあるのか分からない墓に行き、水を撒いて、花を挿して、お参りをしていた。

 

小学生にもなると、休みの日に友達と遊びたいとか、家でマンガを読んでいたいとか、ゲームをしていたいとか。

そういうことを思うようになる。

幸いなことに、ばあちゃんと一緒に暮らしていたので、子供だけでの留守番というのは無かった。

だから家にいるという選択肢もあったのだが、両親特に母親がそれを許さなかった。

長男だから墓参りに行くのは当然だと、だから僕は着いていかなければいけない。

弟は次男だからご自由にどうぞ、という考えだった。

その分、お兄ちゃんだから、と優遇してもらえることも。

そういった意味で、よくバランスが取れていた環境だったのかもしれない。

 

そんな母親も嫁いできた身だから、よその家の墓ではあったが父親と一緒に墓参りをしていた。

もちろん僕も一緒に。

だから、お彼岸、お盆、年末というのは、墓に行くものだと、小さいころから刷り込まれていたのだ。

 

そうなると、なかなかこの気持ちは抜けないわけで、この時期になると、やっぱり墓参りに行かないといけないと思うようになる。

小さいころからそうやって育てられてきたから、墓に行かないとムズムズして気持ちが悪いのだ。

 

墓参りが何のためにあるのか、難しいことは分からない。

お地蔵さんに小便を引っ掛けることができない気持ちとよく似ている。

 

昔の上司との話だ。

「週末は何をしていたの??」という、よくある世間話。

「お彼岸だったので墓参りに」と言うと、なんだそれ??みたいな顔をしている

 

上司は長男だったが、ご両親がそういうのは必要ないというような考えの方だったらしい。

だから、彼岸に墓参りという感覚が無いという。

僕にとっては衝撃だったが、墓参りをしないということも当然のようにあるのだろう。

 

法律も変わり、家督という考え方も少なくなってきた。

僕は「長男だから~」と言われ、墓と仏壇を守るように育てられてきた。

逆に弟は自由気ままに育てられていたと感じる。

その分、色々と優遇されてきたのだが、まぁウチはそういう考えで育ってきたので、それが普通と思っている。

 

あとは世間体とか見栄とかそんなものだろう。

お盆の時期、お彼岸の時期に、花が無い、ずいぶん枯れているような墓だったら。

自分だったらイヤだなぁと。

お隣さんみたいに、節目節目で来てくれて、お手入れしてあったほうがいいなぁと。

本当に周りとの比較だけれど、そういう気持ちが墓参りには大事だったりする。

 

あとは、どこか空の高いところで見てくれているような人がいると思うから。

最近は絶好調なことが続いている。

そういうのも先祖とか関係なく、誰かが見守ってくれているような気がするから。

どこかで徳を積んでおこうという気持ちだったり。

 

純粋に墓参りから得られるものがどれだけあるかと言われれば、無いと思っている。

交通費が発生して、お供えを買って、お花も買って。

でも、それが染み付いているからしょうがないし、墓参りを「しない」という選択肢が今のところ見つからない。

 

そんな教育をした母親も、ずいぶん前に遠く旅立っていった。

父親は代替わりの準備をしているのだろう。

そういったコトを随分ボクにやらせるようになった。

 

年4回は墓に行く。

朝起きたら「おはよう」と言うような、ただそれだけの気分だ。

今年は8月7日に墓参りに。

小さいけれど、大事な僕のイベントだから。

 

葬儀とお墓の「新常識」 (徳間ゆうゆう生活シリーズ)

葬儀とお墓の「新常識」 (徳間ゆうゆう生活シリーズ)

初デートではスパゲッティーの五右衛門に行くな。

雑記

こんばんわ、スズキです。

 

カジュアルなデートに行くならどこがオススメですか。

水族館、映画館、遊園地、メニューは色々ありますよね。

遊びに行きながらどこかでご飯を食べるわけですが。

初デートでスパゲッティーの五右衛門に行くのは避けたほうがいい。

 

スパゲッティーの五右衛門って?

お箸で食べるスパゲッティーの草分け「洋麺屋五右衛門」

www.yomenya-goemon.com

ここのスパゲッティー美味しいですよね。

名古屋駅前にもお店があるので、よく利用しています。

 

僕のオススメメニューは、スープ仕立てのスパゲッティー。

北海道風のスパゲッティーと、地中海風のスパゲッティーがあるんですけど、どちらも美味しいです。

 

 

このお店がデートに不適な理由

このお店がデートに向かないのは「お箸で食べるスパゲッティー」だから。

カジュアルなスパゲッティー屋さんなので気負いせずに行けるし、パスタを選ぶあたりがデートっぽいじゃない。

でも、お箸で食べるところに問題が。

 

麺類を箸で食べることは普通なことですが、お箸スパゲッティーと、それ以外のお箸ラーメン、お箸蕎麦、お箸うどんと違うところ。

それは「啜ってはいけない」ということではないだろうか。

「ズルズル」と音を立ててスパゲッティーを食べるのはいただけない。

それもデートときたら最悪じゃないか。

 

ラーメンや蕎麦、うどんは「ズルズル」と啜って食べてもOKだ。

ただ、スパゲッティーはNGではないだろうか。

 

 

食事マナーは大事にしたい

食事のマナーについては、ある程度大事にしたいと思っている。

ガッチガチに固める必要は無いのかもしれないが、マナーのベースは身に付けておきたい。

 

スパゲッティーを啜って食べる人、すごく気になってしまうのは僕だけだろうか。

フォークで食べていても啜っている人がいる。

それがお箸ともなれば、当然のようにそうやって食べる人がいるだろうし、気をつけていても啜ってしまうだろう。

 

食事のマナーは大切にしたい。

だからこそ、そういったところでマイナス評価されるのはもったいないのだ。

以前、こんな記事も書いていたから。

 

hatena.aco-gale.com

 マナーを身に着けていることは大事なポイントではないだろうか。

 

 

もうちょっと二人の仲が築けたら

「五右衛門」自体は何も悪くない。

ただ初デートで行くのは、上記の理由からハードルが高いと感じるわけで。

仲良し、お互い分かり合えている、注意し合えるような関係であれば、美味しく楽しくご飯が食べられる場所だ。

 

無意識のうちに啜って食べてしまうんですよ、お箸で。

自分は分からなくても、周りが気付きます。

そうならないマナーを身に着けておくか、二人の関係が深まってからにするか。

いきなり「五右衛門」はちょっとハードだ。

 

食事マナーは大事にしなければいけないときがある。

周りの人と、うまくバランスをとるためにも、マナーや気遣いは重要である。

 

五右衛門に行けるような関係になれるといいな。

お店は決して悪くない、ちょっとレベルが高いだけだ。

 

らくらく!和食パスタ100 (別冊すてきな奥さん)

らくらく!和食パスタ100 (別冊すてきな奥さん)

 

 

 

青春18きっぷで名古屋から東京へ行くには。

こんばんわ、スズキです。

青春18きっぷの時期がやってきました。

この時期になると、普通電車に乗って遠くまで行きたくなるものです。

 

というわけで、名古屋から東京まで行ったら、どれくらいかかるか!!と調べてみました。

 

 

青春18きっぷの条件

「青春18きっぷ」って???

青春18きっぷとは、簡単に言うとJRの普通電車、快速電車に乗り放題のきっぷです。

細かな条件はありますが、基本的な考え方は普通電車と快速電車に乗りまくることができます。

JRだけなので、名鉄や近鉄、東急、京急、阪神電車などには乗れません。

 

詳しくはこちらから

http://railway.jr-central.co.jp/tickets/youth18-ticket/

 

いつ使えるの?いくらなの?

 青春18きっぷは、季節限定で販売しています。

平成28年だと、

【夏季】7月1日~8月31日に発売し、7月20日~9月10日が利用期間、

【冬季】12月1日~12月31日に発売し、12月10日~1月10日が利用期間です。

 学校の休みに合わせて発売しているようなイメージです。

季を超えて使うことはできないので、今回僕が買った夏季用は、今年の9月10日までに使わないと紙くずになってしまいます。

 

おねだんは、11,850円です。

ちょっと高くないか??と思った皆さま、これは5回分の料金ですので1回分=1日分は2,370円です。

 

つまり2,370円で、その日1日、ずっと電車に乗れます。

  • 1人で5日の旅行に行く
  • 5人で一緒に日帰り旅行に行く
  • 3人で一緒に日帰り旅行に行って、残りを1人で2日旅行に行く

といったことができます。

回数券のように切り離せないので、同一行程で利用することになりますね。

 

金券ショップなども利用しよう

一人で5回も使う予定がない、4人で旅行に行くだけで、、、

といった方は、金券ショップも有効に使いましょう。

3日(人)残ったのが売っていたり、1日(人)分を買い取ってもらえたりします。

 

期限があるので、売るときはお早めに。

 

 

どこまで行けるか、どうやって行けるか

さて、僕は名古屋から東京に行こうと思います。

土曜日に東京に行くとしたら、どれくらいの時間が掛かるでしょうか。

時刻表を元に計算してみました。

始発に乗っていったら

コースは、名古屋駅→東海道線で→東京へ

名古屋の始発は、5:32豊橋行き。

これに乗ってみましょう。

 

名古屋5:32-豊橋行き(普通)-豊橋6:54

豊橋7:10-静岡行き(普通)-静岡8:57

静岡9:06-熱海行き(普通)-熱海10:21

熱海10:37-古河行き(普通)-小田原11:00

小田原11:04-高崎行き(特別快速)-大船11:33

大船11:36-宇都宮行き(普通)-東京12:18

 

ようやく到着しました。

6時間46分、乗り換え5回。あ~疲れそう。

 

10分我慢できるのであれば、

熱海10:37の古河行きに乗って東京へ行こう。

そうすると、東京12:28着です。

6時間56分、乗り換え3回です。

 

 

乗り換えが少ないほうがいい

 乗り換えるの面倒やんかーという人には、こちらのプランを。

名古屋6:03-浜松行き(普通)-浜松8:03

浜松8:10-熱海行き(普通)-熱海10:47

熱海10:37-高崎行き(普通)-東京12:38

 

6時間35分、乗り換え2回。

始発で行くのとほとんど変わらない。

 

 

どうやって行こうか悩んでしまう。

とにかく早起きをすることを心がけなければ。

 

路線検索でオススメのサイト

昔は分厚い時刻表を持ち歩いて電車の時間をチェックしたものです。

 

JR時刻表 2016年 08 月号 [雑誌]

JR時刻表 2016年 08 月号 [雑誌]

 

 

現代はスマホの時代。

スマホで電車の時間を調べるときにオススメのサイトはこちら。

 

ハイパーダイヤ

日立システムズが運営している「ハイパーダイヤ」というサイト。

www.hyperdia.com

ここの検索システムを僕は良く使っています。

経由地を選べたり、「JR」か「私鉄」かを選べるところがいい。

 

有料特急を除く設定をしても、私鉄で検索されることが多い。

そうすると、青春18切符では別途料金が必要になるからだ。

このサイトでは、その選択ができるから青春18切符ユーザーにはもってこい。

 

えきから時刻表

これもいいサイト。

これは、JR私鉄の時刻表が載っている。

www.ekikara.jp

その駅から、どれくらいの電車が出ているのか、ぱっと見るだけで分かるからだ。

f:id:acogale:20160726215156j:plain

 

この2つのサイトを使いこなして、旅に出ようじゃないか。

 

 

7月30日に横浜に行くんですよ。

そのちょっとした下調べに時間を調べてみました。

 

東海道線は、静岡県が非常に長い。

ただ電車の本数は多いので、そんなに焦らなくても大丈夫。

14時に横浜、無事に着くでしょうか。

 

乗車記については、後日アップするとしましょう。