読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

僕の思いをぶつける場。真剣勝負。

スマホは踏み台にすぎない。画面が割れて思うこと。

雑記

スマホ、壊れたんです。

操作できないんです。

f:id:acogale:20160825230127j:plain

 

 

昨夜のできごと

怒りにまかせて、モノに八つ当たりしてしまいました。

その結果、スマホの画面がクモの巣のように。

タッチパネルの画面は操作できなくなりました。

 

職業柄、スマホをたくさん持っているので、その1台が壊れてしまったことによる支障はありません。

ただ、精神的な負担が大きいですね。

落としたり踏んづけたりして画面を割った経験は無かったから。

別のスマホを投げつけたら、着地点にこの割れたスマホがあったわけです。

 

 

好きになれないスマホ

僕はスマホに愛着が持てないんです。

2年ぐらいの付き合いだから、2年経てば機種変更しようと思っているからでしょうか。

スマホが普及してから、一つ一つのことが便利になりすぎた気がします。

気軽に使えるアイテムになってしまっているからです。

 

時代の変化なのか、僕自身の成長なのか、判断が難しいところですが、思い出をしまっておけないんですよね。

憧れのあの子へメールを送るにも、何度も文面を見直して悩んだものです。

ガラケーではメールか電話くらいしかすることがなかった。

だから、その「メール」や「電話」に重点的になれたのでしょう。

1通のメールを送るのに何十分と悩んだ頃が懐かしいですね。

 

 

便利すぎる世の中

スマホでメールができること、今では「何でもできるツール」の一つの機能になっています。

メール以外にも、すること、できることがたくさんあるんですよ。

だからなのか、そんなに真剣にメールの文章を考えなくなっているような気がします。

 

LINEで既読マークがつくように、内容というよりはレスポンス速度になっているのでしょうか。

スマホを使うときに、気持ちを込めることが少なくなっているようです。

 

 

みんなが持っているから

iPhoneが登場し、スマホそのものが横並びになってきました。

最近のスマホは、物珍しい機能もなくなりつつあり、何を基準に選んだらいいか分からない。

いつの間にか流行りのままに、特に必要もなくスマホにしていたりすることがあります。

 

 

スマホを踏み台に

どこかで、ただの踏み台になっているのでしょう。

「スマホ」が欲しいのではなく、スマホでできる「何か」が欲しいみたいです。

それはアプリに依存したり、サービスに依存したりしています。

スマホなんて、その橋渡しをしてくれるただの踏み台なのでしょう。

 

だから僕のスマホが壊れたところで、別になんとも思わなくなっています。

ほとんどのデータはクラウドに保管してあり、復元するのは非常にカンタン。

そのスマホでなくても、保存していたデータは復旧でき、今までどおり使えるようになります。

 

 

不便には味がある

こうやって便利なものが増えてくると、便利すぎてしまって愛着が無くなる。

手間がかかるほうがカワイイんですよね。

一緒にいる感じがすごく伝わってくるんです。

便利なモノで満たされるようになれば、次は不便なモノを求めるようになります。

不便なモノとの思い出は、なぜか深く刻み込まれるようです。

 

これからのスマホがどうなっていくのか、楽しみではありますが踏み台のままであることは変わらないでしょう。

せっかく身近にあるモノなので、そこに気持ちを寄せたいんですけどね。

 

面倒なことがちょっとだけ気になってきました。

文通してくれる人がいたら、仲良くしたいです。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

頭がよくなる 心がふれあう 字手紙入門 (主婦の友生活シリーズ)

頭がよくなる 心がふれあう 字手紙入門 (主婦の友生活シリーズ)

 

 

「○○といえばスズキ」と言われたい。個性派を目指して。

雑記

僕っていったい何者なんでしょうか。

そして「個性」とはどういったものでしょうか。

 

 

ツイッターでの答え

ツイッターでこんなつぶやきが出回っていました。

以前にもこのブログでご紹介したことがあります。

 

 

今回は、この先生の話をストレートに受け止めてみたいと思います。

 

 

昨日の記事にコメントを頂いた

昨日、人に読まれるブログを書きたいと、こんな記事を書きました。

 

 

hatena.aco-gale.com

お忙しいにも関わらず、らくからちゃ氏からコメントを頂きました。

どうもありがとうございました。

 

 

 

 まさにその通りだと思います。

一般的なルールや決まりに乗っているだけでなく、自分のカラーをどんどん出していきたいですね。

やみくもに、オレオレ主義で書いたところで、受け入れてもらえないことが多いんです。

 

 

個性を出すためには

そうなるためには、まずは基礎が必要です。

しっかりとした土台ナシでは、何も伝わらないと考えています。

昨日の記事にも書いたことを、忘れないようにします。

この9つのポイントを、どこかに書いておいたほうがいいですね。

 

  1. 見出しはわかりやすく
  2. まずは結論
  3. 一文一文は短めに
  4. カタカナ語を多用しない
  5. わかりやすい言葉で
  6. 「~コト」「~モノ」を使わない
  7. たとえ話を使う
  8. 言葉のリズム感を大事に
  9. 相手に合わせたことを

 

繰り返しになりますが、まずは「9つのポイント」を信じて愚直に取り組んでいくことです。

自然とこれらのポイントが織り込まれるようになれば、ようやく個性の登場ではないでしょうか。

 

 

今でも個性は出ている

僕らしさ、スズキらしさが溢れる文章がどんどん出てくることでしょう。

そうでなくても、この窮屈な縛りの中で、少しずつスズキが出てくることを勝手に期待していますが。

 

どこかでカッコつけ過ぎるのでしょう。

キレイな言葉」「難しい言葉」などを使えばいいと思うこともありました。

無駄に批判すればいいと思うこともありました。

 

でも、そうではなくて、一旦はキレイに素直になってみることが重要だと思っています。

深呼吸をして、瞑想をして、気持ちや呼吸を整えること。

ニュートラルなポジションにもってくることで、基礎の上に個性が出てきそうです。

 

 

自分を確立させるためにも

個性で自分自身を確立させるためには。

自分が得意なこと、好きなことをしっかりと分類します。

特に「得意なこと」は誰にも負けないように努力したり、練習したり、勉強したりすることが大事です。

 

「○○といえばスズキ」

 

と言われるように、アイデンティティを作っていきます。

自分が本当に好きなこと、得意なことは何だろうか。

それを見つけることが、個性のスタートかもしれません。

 

 

ISD個性心理学に基づく最強の自分のつくり方

ISD個性心理学に基づく最強の自分のつくり方

 

 

独り善がりな記事からの脱却

雑記 ブログ運営

ブログを書く理由には2種類あると思っています。

外向きに発信したい気持ちの場所と、自分自身の記録のために書くということです。

 

僕がブログを書くのは、自分の言葉を発信したいからです。

発信したい気持ちで書いていたブログですが、過去の自分が書いた記事を読んで気付いたことがあります。

 

文章が読みにくい」ということ。

 

これではダメだと改めて気付いたので、一度「書く」ことを考えることにしました。

 

 

文章の書き方

文章の書き方をネットで調べてみたところ、多くサイトがの次の9つをポイントとし挙げていました。

  1. 見出しはわかりやすく
  2. まずは結論
  3. 一文一文は短めに
  4. カタカナ語を多用しない
  5. わかりやすい言葉で
  6. 「~コト」「~モノ」を使わない
  7. たとえ話を使う
  8. 言葉のリズム感を大事に
  9. 相手に合わせたことを

 

どこまでこれを取り入れられているのでしょうか。

6番、7番については、全くできていないですね。

過去の自分の記事から、これらのポイントについて考えてみます。

 

 

今までの書き方

  • 思ったことを書く
  • とにかく書く
  • 「ソレ」「アレ」を使いたがる
  • 「~~のコト」「~~のモノ」をよく使う

 

独り善がりな文章が完成していました。

特に「ソレ」「アレ」は僕のお気に入りでもあった為、意図的に使っていまして。

そんな文章でも良いと思っていました。

僕自身が、「まずは書くことだ!!!」という考えに支配されていたからです。

確かに「書くこと」を「練習する」のは大事なことかもしれません。

ポイントやコツ、そういったものを考えずに、ひたすら書いたところで成長しないようです。

 

 

これからはどうしていくか

「このままでもいい、別に俺の勝手だから」なんて強がっているのは止めようと思うのです。

せっかく書くのだから、読んでほしいという気持ちがあります。

せっかく読んでもらえるなら、読み手がワクワクする文章を書きたいです。

初めのうちは慣れない書き方、ポイントに沿って書くことを意識するので自分らしさが

無くなるかもしれません。

 

ただ「自分らしさ」は、その限られた環境の中でも滲み出してくるものかもしれません。

まだまだ主張が足りないのでしょう。

本当に言いたいことは何か、伝えたいものは何か、熱意情熱でバシバシ発信していきたいものです。

 


そのためにはこれをする

  •  時間に追われて記事を書かない
  • 一度、下書きをする
  • 本を読む、音読をして日本語を取り入れる
  • 自分自身の経験談を具体的に取り入れる

 

まず、これを目標に掲げて、明日から記事を更新していきます。

今までの2倍の時間をかけて、書くことよりもそれを推敲することに重点をおきます。

いきなりパソコンに向かうのではなく、ノートに流れを書きます。

ブログを書き始めた当初は、下書きをしながら頭の中の考えをまとめていたんですけどね。

いつの間にか手を抜くようになってしまいました。

 

書くだけではなく、キレイな日本語を取り入れていくことにも力を注いでいきたいです。

amazonナントカというサービスも始まったことですし、文学に触れる機会は増えていくことでしょう。

最後に自分自身の言葉で、自分自身の経験をお伝えできるように。

 

これらのことをポイントに、記事を更新していく所存でございます。

 

武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)

 

 

 

ブログはタイムマシン!! 初心を忘れないこと

雑記 過去モノ

こんばんわ、スズキです。

ブログも書くのに慣れると、いつの間にか手を抜いていることがある。

自分では気付かないけど、誰かに言われたりすると胸にグサッっと刺さる。

手抜きで適当な記事が、また一つできあがるのだ。

 

昔は、昔の話のするのは恥ずかしいが、ある程度まとめてから書いていたり。

どこかに一度アウトプットしてから、清書の意味でキーボードを叩いていたりするけど。

今となってはいきなりPCに向かうこともしばしば。

クオリティ云々というより、まずは書けた!ということになる。

 

でもどこかで満足しないんですよ、これは書いている人も。

右から左へ~という気持ちになりがちです。

とりとめもない話を、引き延ばして引き延ばして記事にする。

 

ん~せっかく読んでくださる方に失礼ですね。

ちゃんと全身全霊で記事を書いていきたいものですが。

 

初心忘るべからずということです。

当たり前のことをちゃんとやる。

手を抜かないでちゃんとやる。

 

そういった一つ一つの気持ちや動作が、見えないところでパワーになっているのでしょう。

薄っぺらい気持ちは、どこかで薄っぺらさがバレてしまうわけで。

せっかく読んで頂いているのであれば、価値のあるものにしたいのであります。

 

ただ、ブログのいいところは、過去の記事がすぐ見れるところ。

そういえば、ちょっと前はこんな記事を書いていたなぁと。

この頃はこんなことで悩んでいたなぁと。

アクセスもイージーですぐに過去に戻ることができる。

まるでタイムマシンのように。

 

その頃の自分がハッキリと分かるんですよ。

今の自分と比べて、抜け落ちている良いところは補充し、同じような過ちを繰り返さないために肝に銘じる。

人生ってね、それの繰り返しなのではないでしょうか。

 

そうやって過去の記事を振り返ってみると、こんなことを書いていました。

 

 

hatena.aco-gale.com

 

当たり前のことをちゃんとやろうと。

5ヶ月ほど前の記事です。

そんなことを考えている自分もいた。

 

でもどうでしょうか、今になってみればその頃の勢いはどこへやら。

ただ、ここに記事があるので5ヶ月前の自分に会うことができます。

こっそりと心と心で会話して、今の自分は反省しないといけないですね。

 

思ったことを書いていく、それだけで自分のコンディションが分かるようになるでしょう。

記録していくモノとして、ログを残していくものとして、ブログというのは良いツールです。

そういった過去の自分を残しながら、有益になる記事も書きながら。

ゆっくりではあるけれど、ブログを成長させていければと。

 

あたりまえのことを、バカになって、ちゃんとやる。

このABCを忘れないように、これからも取り組んでいきたいものです。

 

あたりまえのことをバカになってちゃんとやる

あたりまえのことをバカになってちゃんとやる

 

 

 

 

ただの愚痴、細か過ぎる自分への気持ち

雑記

どうしていつもこうなってしまうのだろうか。

と、悩んでいるのではあるけれど、細か過ぎる自分に原因が。

スルーする力がある人が羨ましい。

 

小さなことが許せないんですよね。

適当なところが許せない。

だからといって、自分が完璧かと言えばそうじゃないところも問題で。

約束は守って欲しいし、気持ちは理解して欲しい。

それは、僕からの一方的な見方をしているからなんですが。

 

意思疎通がしにくい相手だったり、考えが全く違う人だったりすると、すごくエネルギーを使うんですよ。

だったらそんな人と、付き合わなくてもいいじゃないかと、そんなアドバイスをもらったりするんですが。

なかなか簡単に切り離せない人間関係というものもあったりするわけで。

 

そういったジレンマの中にいることが、面倒で大変でイヤになってくる。

けれども、そういったものから逃げてばかりもよくないぞ!!と。

スルーするような力や、相手に寄り添うような力や。

そういったものもどこかで必要なのではないかと。

 

何事もバランスが重要なんだけれども。

そのバランスがとれなくて悩んでいるというか、怒りレベルがあがっているというか。

 

そんな死ぬとか自殺するとか、そういった大きな問題じゃないんです。

ほんと小さな小さなことなんだけど、それがいくつか重なると爆発してしまう。

小さなことに拘りたいからなのか神経質過ぎるのか。

まぁつまりは、一人で怒っているようなものであります。

 

大人になるというのは難しいもので、そういった怒りをある程度はコントロールできないといけない。

そのコントロールするのにパワーが必要であり、そこに一喜一憂しているような次第であります。

 

なんでもかんでもシャットアウトするのは違うと思っているので、その中で僕が消耗していくのでしょう。

それはそれでいいんです、楽しいから。

でもどこかでムカムカしていたり、イライラしていたりするようで、沸点が低めなのであります。

 

すごくポジティブに考えるのであれば、全く性格の違う人、怒りの対象になるような人の考え方を学べるよい機会なのでしょう。

自分には無いもの、だから僕とぶつかるわけで、そういった考え方が目の前の人から学ぶというのはありがたいことです。

 

ただ、そこまでポジティブにいられないのは、僕自身のコンディションなのかもしれません。

もっと気持ちを落ち着けることも大事だし、もっと自分自身をコントロールできるようになることも必要。

瞬間湯沸かし器のように沸いているのではなく、自分のペースを維持できるようにしたいものです。

 

 

瞑想でもしながら呼吸と気持ちを整えていかなければ。

一人で沸いていても、よい方向にはならないと思っているので。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

(文庫)もう、不満は言わない (サンマーク文庫)

(文庫)もう、不満は言わない (サンマーク文庫)