読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

好きな人に追いつこうとしても、方向がちょっと違った

こんにちは、スズキです。

ブログを真面目に書くようになってから、1年ちょっと。

その間に、たくさんのブログに出会いました。

 

エッセイのようなもの、IT機器を紹介するもの。

観光地を紹介してくれるもの、その人の日記のようなもの。

色んなブログに出会ってきた。

 

ある程度のブログを読んでいると、その人の雰囲気がつかめるようになる。

尖っていて元気がいい人。

大人しくてスマートな印象の人。

言葉巧みに引きずり込んでくれる人。

 

いつの間にか、見つけたその記事だけでなく、記事を書いた人のことが気になってくる。

そんな素敵な人に出会うことができた。

今までの生活では接点が無かったような人、僕の心の奥底にしまっていた趣味の分野を開拓してくれた人。

 

ブログを書いている相手に対して、一方通行な気持ちがたくさん出てきたのだ。

一種の憧れのようなもの。

あんな風になりたいな、こんな文章を書きたいな。

いつの間にか同じモノを見たり、同じモノを感じたりしたくなったのだ。

 

オススメだと言っていたところに行ってみたり、ブログで紹介されているものを見に行ったり、買ってみたり。

どこかで"あの人"に近付きたいなぁと思っていた。

 

 

でも、それがちょっと違ったのだ。

もちろん広い意味での"好きな分野"だったけど、興味が無いこともたくさんあったり。

それでも何とか気持ちが変わるかも? と思いながらトライしてみたけれど。

趣味まではピッタリと合わなかった。

自分が勝手に追い求めていながらも、ちょっと方向が違っただけ。

ちょっと無理をしていたなぁって、反省です。

 

そのちょっとした方向が違い、ちょっと無理をしていたことで、いつの間にか大きな負担になっていた。

別に同じフィールドに立たなくてもよかった。

分野の違うところで仲良くすればよかった。

 

ということを、今になって気付く。

 

まずは自分の好きなコトを、自分の好きなように書いてみる、表現してみる。

そうしないと、どことなくぎこちないモノにしか仕上がらない。

 

ぎこちないモノを携えていても、相手に見向きもされないのであって、結局は良いものが生まれない。

もっと好きなコトを全力で楽しめるようになりたいし、それを我慢しないでいたい。

 

積極的にいるつもりでも、まだまだパワー不足。

追いつこうとしていたけど、走ってもいなかった感。

沿道で旗を振っているだけ。

テレビカメラに映るように50メートルだけ走っているような観客と同じ。

 

今から改めてスタートを切って追いつけるように。

パワーの使い方を考え直す。

 

僕がブログを頑張れる理由。

その先に好きな人、憧れの人が何人もいるから。

 

f:id:acogale:20170424232016j:plain

物理的な距離を縮めることで、相手に伝わる熱量が増える

自分のやりたいこと、明確にしていますか?

夢や希望を言葉にしていますか?

 

そんなテーマでトークをしてくださったのは、株式会社ボーンレックスの代表取締役 室岡拓也氏でした。

 

 f:id:acogale:20170423223114j:image

 

こんにちは、スズキです。

毎月恒例のSunday Morning Cafe

今日のゲストは株式会社ボーンレックスの室岡拓也氏

年齢が近いこともあり、いつもよりもワクワクして話を聞くことができました。

 

 

距離が近い

冒頭、室岡氏から「そんなに離れてないでもっと寄ればいい、近くに来たらいい」と言われます。

別にステージがあるわけでもなく、カフェスペースの前にスクリーンがあり、そこに椅子が2脚。

 

ゲストの室岡氏とファシリテーターのanother life.の新條氏が座る席だ。

僕が参加するのは3回目だが、いつもよりだいぶ距離が近い。

ゲストとオーディエンスが座ったまま握手ができるような距離だった。

 

 

熱量が伝わる

距離が近いことで熱量が伝わる。

それが氏の目指すところだったのだろう。

相手との距離が近ければ、ビンビン伝わるモノがある。

 

また、嫌いな相手であれば、距離を縮めることは無い。

近くにいるだけで憂鬱な気分になる。

 

ということは、距離を近づけて、相手のパーソナルスペースに入れば、だんだん好きになってもらえるのかもしれない。

 

 

参加した意味を忘れていた

仮にオンラインで、ライブ配信でこのトークセッションを聞けたとしよう。

どこかで"生で見たかった"という気持ちが生まれるだろう。

 

もっとリアルに室岡氏の話を聞きたかったと。

同じ場所で、同じ空気で、言葉や仕草以上に伝わるモノを。

そういった何かを求めて、わざわざ"生のトーク"を聞きにいくのだ。

 

つまり、物理的な距離を近づけたいのではないだろうか。

 

 

いつの間にか手抜き

学ぶこと、教えてもらうこと、気付くこと。

たくさんあるはずなのに、その場にいること"だけ"で満足してしまっていた。

その場にいたことで、OKとする。

その場にいたことで、吸収できたことにする。

 

その場で、いつも以上に感じようとはしていなかった。

できるだけ近い場所で、もっと話を聞いていればよかったと。

 

 

 

 

今日から近付く努力

そんな経験があったからこそ。

今日からは、熱量のある人にガンガン近付くことにする。

適度な距離で満足しない。

 

その為には、事前準備も必要だし、ふらっと適当にしていてはいけない。

その努力を怠るために、適当な距離にしていたのだろう。

 

本当の自分の気持ち、うまいこと辻褄を合わせた気持ち、うわべだけの気持ち。

 

やっぱり"本当の自分の気持ち"を大事にするために。

もっと近付いてやろうと思うわけ。

 

最近、自分への課題ばかり出ているが。

もっと積極的に、もっと近付くことが、今年の目標に加わることになる。

 

 

<関連記事>

【渋谷】another life.のイベント「Sunday Morning Cafe」がワクワク待ち遠しい – シュミカコ

 

 

hatena.aco-gale.com

 

カッコつけマンを卒業するとき

こんにちは、スズキです。

 

先日、ブログの収益で生活をされている"やぎろぐ"のやぎぺーさんとお話する機会がありました。

いくつか僕の記事を読んで下さったようです。

 

ブログの大先輩であるやぎぺーさんに相談したんです。

「ブログに限らず、最近モヤモヤしっぱなしです」と。

 

そこで言われたことは

「人との関係の間に、しっかりとバリアがありますよね」

ということでした。

 

 

バリアがある

人付き合いにおいて、自分と他人の間にバリアがある。

心の内を見せない、さらけ出さない。

適当にごまかしていたり。

相手に気に入られようとする。

 

そういう"自分を守ってしまう"バリアがある。

嫌われないように気を遣うことで、自分が一番ツラくなる。

 

そんなアドバイスを頂きました。

 

 

同じようなことを言われ続け

職場環境が変わり、人付き合いが変わり。

今の僕に"バリア云々"のアドバイスをしてくれる人はいなくなった。

 

今回、やぎぺーさんに久しぶりに言われたのだ。

 

僕の人生を振り返ってみると、似た様なことは何度か言われている。

「もうちょっと脱皮しないとね」

「まだまだ本当の自分じゃないね」

そう言われてきた僕だった。

 

 

思い当たることは?

どこかで理想の自分がいたり、こうなりたいという自分がいる。

そこまで追いついていないのに、なりたい自分を演じてみる。

 

後ろめたいことや、マズいことに蓋をしてしまっている。

良い面だけを、頑張って見せようとしている。

 

そういう節は確かにあるのだ。

思い当たることだらけ。

このまま続けていっても、バリアは無くならないのかもしれない。

 

 

自分を見つめ直すタイミング

今までも"バリアがある"ことについては、色々な人に言われてきた。

その中でも、今回のやぎぺーさんの話はグサグサ刺さっている。

今がそれを変えるチャンスなのかもしれない。

 

今までであれば、軽く流してきたことかもしれない。

今回はちょっとモヤモヤしすぎて簡単に流すわけにはいかない。

 

カッコつけた自分でいたいけれど、それだけではダメなのだ。

 

 

ハレの日とケの日

ずっとハレの日でいるのも疲れるのか、気持ち悪いのか。

ずっとフルコースの贅沢な料理でいいのだろうか。

 

ハレの日、ケの日のバランスは必要だ。

カッコいいならいいけれど、カッコつけているのを演じ続けるのは良くない。

 

もっと、もっと普通の僕でありつづけるために。

直近の課題は"カッコつけマンを卒業"すること。

 

自分らしく、本当の自分らしく。

少しだけ自己分析をしながらも、パッションが出ているような僕であるために。

色々と変化していく時期なのだろう。

 

f:id:acogale:20170422175034j:plain

予測の精度を上げて、未来を操ろう

こんにちは!スズキです。

基本的に待つコトが嫌いです。

人混みも嫌いです。

渋滞も嫌いです。

 

できるだけスムーズに生きていきたいと思うわけです。

何かイレギュラーなことが起きた時、予定と違うことが起きた時、全てを投げ出したくなります。

 

 

例えば寝坊

僕は寝坊の常習犯。

遅刻しない程度の時間に起きるけど、やりたかったことができないのがもどかしい。

 

それだけで気分が乗らない、もういいや。と思ってしまう。

 

 

例えば行列

行列には並ばない。

飲食店でも並ばない。

 

ただ、お店のオープンを待つ間、あと2時間とかなら待てる。

しっかりとゴールが見えているから。

 

有名店で、待つことが当たり前の店。

これも大丈夫、待つコトを覚悟して行くから。

 

 

ツイていないから

予定が予定通りにいかないのは、ツイていないだけ。

たまたま今日の、その選択は最適じゃないと教えてくれているだけ。

しょうがないけど、それを受け入れなければいけない。

 

だがしかし、そこに立ち向かう人がいるのです。

「せっかく来たんだから」と。

目的のこと、それしかしない、できないのは、ちょっと窮屈に思うわけです。

 

 

予定通りはラッキー

電車が時間通りに来る、何事もないように走り出す。

飲食店に行けばスムーズに座れて、ご飯が出てくる。

それはとても素敵なこと。

めっちゃラッキーなことです。

 

ただ、予定通りにいかないのは"アンラッキー"なのか??

と聞かれると、それは違う。

 

たまたま選択肢と、たまたまそのタイミングでは合わないだけ。

その波長が乱れているから、うまくいかない。

 

 

合わないことに向き合う

どうして波長が合わないのか。

自分の何が間違っていたのか。

それをしっかりと検証しなければならない。

 

予測しやすいところと、そうでないところがあるだろう。

せめて、その"予測しやすいところ"だけでも当てられる学びが必要なのだ。

 

 

自由席に座れない

例えば新幹線の自由席。

指定席よりも安いので、できれば自由席に座りたい。

でも、座れない可能性だってある。

のぞみ号であれば、新横浜〜名古屋で座れなければ2時間弱、立ちっぱなし。

 

立つことを前提にするのか、座れることを前提にするのか。

例えば名古屋から東京へ行くのに、水曜日の14:00頃に乗る新幹線と、金曜日の17:00頃に乗る新幹線では大きく違う。

後者は座れない可能性が高い。

下手をしたら指定席だって埋まっている。

 

そういう事前の予測が、どこまで精度高くできるかどうかがポイントなのだ。

 

 

精度を上げて未来を操る

小さなことを、しっかりと見る。

そこにあるネタを見極める。

次のパターンを読み取る。

 

そういう細かな見直しをしていくことで、次の動きが分かるようになる。

 

空を見て、雨が降りそうだな。

冷蔵庫の食材を見て、これを食べたらお腹が痛くなりそうだ。

6:00に起きたら、7:30には家を出れそうだな、

 

無意識のうちに、モノゴトの次のステップが見えるようになる。

 

精度を上げることで、次に起きることが予想できるようになる。

予想が当たればラッキー。

ラッキーが続くことで、また未来を予想する楽しさが出てくる。

 

予想してうまくいかなくても、次の予想に活かせばいい。

そうやってPDCAを回しながら予想していけば、未来を操れるようになる。

 

まずは、細かなモノゴトを見る訓練。

早く未来を操りたい!

 f:id:acogale:20170421175230j:image

 

 

 

絶好調に生きるための3つのポイント

こんにちは、スズキです。
いつも絶好調ブロガーです。

最近、本当に絶好調なことが続いています。
ありがたい限りです。

絶好調、ツイてる、調子がいい。
そんな毎日を送るために、3つのポイントを用意しました。

 

 

1.とにかく行動してみる


あまり絶好調でない友人(以下A氏)が、名古屋に遊びに来たときのこと。

次の日が休みのA氏と飲みに行くことに。
終電が早いからとA氏は名古屋駅そばのホテルを予約したのだ。

飲みながら会話をしている中で、気になる展覧会があると言っていた。
東京の上野で開催されるその展示会に行ってみたいなぁと。

よくよく調べてみると、次の日が開催初日。
ちょうど休みで、しかも今夜は名古屋駅前に泊まる。


A氏は「でも、ん~どうしよう、明日かぁ」と悩んでいるのだ。

明日は休み
名古屋駅前
気になる展覧会
初日に行ける
休みの予定は特になし

ここまで揃えば、僕なら即決。
行くしかない。
これこそ、絶好調になるポイントだと思うわけだ。

もちろん急に予定が決まるから、若干のコスト負担は増えるだろう。
ただ、このタイミングはもう来ないのだ。

 

初日は1日しかない。
行きたくても行けない人もいる。
そんな絶好のチャンスに、、、、、

という話をしようかどうかと思ったときに。
これが"今日も絶好調だ"と言う人とそうでない人の違いだと気付いた。

 

2.小さな幸せを感じられるか

信号に引っ掛からなかった。

ご飯が美味しかった。

目覚ましテレビの占いが1位だった。

 

そういった小さな幸せを感じることができているのか。

当たり前すぎること、いつもと変わらないこと。

それを幸せと感じることで、いつも絶好調な気分でいられるのだ。

 

3.絶好調を口癖に

これは単純に口癖にするだけ。

"ツイてるツイてる"と言う人と同じように、「絶好調」と言う。

運がいいことも、楽しかったことも、

すべて含めて絶好調。

そんな気持ちで、口癖でいることで、自然と絶好調になるのだ。

 

 

まずはやってみて


世の中には偶然の出来事がたくさんある。
意図しないで行動した結果、、、ということが。

それを自分の追い風にするのか、向かい風になるのかは、その人の気持ち一つなのだ。

 

気の持ちよう、考え方一つで絶好調になれる。

それなら「今日も絶好調だぜ」って言えるほうが楽しい毎日を過ごせるなぁって。
だから、僕は絶好調と言うのだ。

 

今日も絶好調、毎日が絶好調。

絶好調になりたいなぁと思った人は、スズキまでご連絡いただければ、毎日絶好調になります!!(無料)